ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000015679更新日:2022年4月1日更新印刷ページ表示

安芸太田町の移住・定住支援策

広島県内で最も小さな町だけど

安芸太田町は、広島県の北西部に位置しています。自然豊かで四季を通じて満喫できる町です。安芸太田町の町名の由来にもなった太田川の上流域に沿って町全体が形成されており、水郷として飲料水はもとより良質な水でおいしいお米や野菜をつくることができます。広島県で一番人口の少ない町ですが、豊かな自然と人情味あふれる田舎暮らしを堪能していただけます。平成25年5月には広島県で初となる森林セラピー(癒し効果が科学的に証明された「一歩進んだ森林浴」)基地としてグランドオープンしました。町全体が癒しの森となっています。

人口:5,840人(令和3年12月末現在)

安芸太田町の画像1

安芸太田町の画像2

主な定住支援策

  • 子育て世帯定住応援制度
     夫婦いずれかが満40歳以下または満12歳以下の子どもがいる世帯に対し住宅の新築・購入若しくは改修費用の一部を助成します。さらに制度を利用して転入した世帯で満12歳以下の子どもに奨励金が加算されます。
  • 定住促進奨励制度
     新築住宅を建設または購入される満45歳以下の方を対象に固定資産税額(家屋)の2分の1相当額を課税後10年間助成します。
  • UIターン世帯定住応援補助金
     定住の意思をもって転入するUIターンの方で町内に本店・支店がある事業所又は個人事業主を利用して住宅改修をされる方に改修費用の一部を助成します。
  • 定住促進空き家活用補助金(空き家改修事業)
     5年以上定住することが決まった空き家を対象に空き家の所有者または制度を利用して居住される方に対して改修費用の一部を助成します。
  • 定住促進空き家活用補助金(家財品処分事業)
     空き家の所有者または定住予定者が空き家バンクに登録されている物件に残存する家財を処分する際の費用の一部を助成します。

生活環境

主な産業

祇園坊柿生産量は日本一です。
町の面積の約88%を森林が占めており、その森林の多様な活用に努めています。また、6次産業の振興(新規就農者の受入れ等)など地域資源を活かした産業振興に努めています。

生活交通

町内2箇所にICがあり、広島市中心部まで車で約45分です。戸河内IC前から広島バスセンターへは高速バスで約1時間です。なお、戸河内IC周辺には広い無料駐車場があります。自家用車の必要性は高いです。

買い物

地元商店のほかショッピングセンターなどがあり、日常生活の買い物はほぼそろいます。
新鮮野菜の揃う産直市も多数あります!

医療

病院・診療所・医院が6箇所、歯科が4箇所あります。
子ども医療費については、高校生まで助成制度があります。

子育て・教育

園開放や育児相談など子育てしやすい環境づくりに力を入れています。また、地域と一体となった学校づくりを行い郷土への誇りを育てています。子育て支援センター2箇所、保育所・こども園4所(園)、幼稚園1園、小学校4校、中学校2校、高等学校1校。

レジャー施設

国の特別名勝である三段峡をはじめ、町内には温泉施設があります。広島県最高峰の恐羅漢では、春から秋には登山・キャンプ、ZIPLINE ADVENTURE、冬にはスキー・スノーボードと1年を通して楽しめます。また、日本で唯一の国際規格のライフル射撃場があります。

通信環境

光ファイバー網を町内全域に整備しています。

お試し体験住宅

安芸太田町では、田舎暮らしに興味があり、実際に移住・定住を検討されている方を対象とした、「お試し体験住宅」をご用意しております。
本制度では、滞在期間の中で、実際の暮らしを見て、知って、体験していただけます。
詳しくはこちらをご覧ください<外部リンク>

移住者インタビュー

こちらをご覧ください。都会近くの田舎暮らし(安芸太田町の移住・定住支援サイト)<外部リンク>

空き家バンク

こちらをご覧ください。都会近くの田舎暮らし(安芸太田町の移住・定住支援サイト)<外部リンク>

移住定住ポータルサイト

都会近くの田舎暮らし

都会近くの田舎暮らし(安芸太田町の移住・定住支援サイト)<外部リンク>

お問い合わせ

安芸太田町企画課
〒731-3810
広島県山県郡安芸太田町大字戸河内784番地1
Tel:0826-28-2112
Fax:0826-28-1622
e-mail:kikaku@town.akiota.lg.jp