ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000015681更新日:2022年4月1日更新印刷ページ表示

大崎上島町の移住・定住支援策

~海景色の映える町~大崎上島町

大崎上島町は、瀬戸内海のほぼ中央に位置している広島県内ただ一の離島にある町です。
瀬戸内海の温暖少雨な気候で年間を通して過ごしやすく、いろいろな農産物が生産されています。
また、造船業や非鉄金属業など工業も古くからの基幹産業として発達してきました。
大崎上島へ来るためには船に乗らなければなりませんが、本土からフェリーで30分、便数も多くて比較的便利です。
島の最高峰、神峰(453m)の頂上からは大小115の島が見渡せ、瀬戸の多島美を満喫できます。
島を一周する道路は34.2kmで、サイクリングには最適です。海水浴場やキャンプ場があり、アウトドアレジャーも楽しめます。
のんびりと素朴な自然に囲まれた島暮らしを、大崎上島町でしてみませんか。

人口:7,153人(令和3年12月末現在)

大崎上島町の移住・定住支援策の画像1

大崎上島町の移住・定住支援策の画像2

主な定住支援策

  • 空き家バンク<外部リンク>
    町内の空家の情報を町のホームページに掲載して、定住希望者へ紹介しています。
  • 定住促進用住宅<外部リンク>
    定住希望者が中長期間大崎上島町で生活体験ができる「トライアルハウス大串」を用意しています。

生活環境

主な産業

農業(柑橘、ブルーベリーなど果物、しいたけ、トマトなど施設野菜)、造船業、製錬業

生活交通

本土からはフェリーで30分ほど。竹原港からは1日32往復、安芸津港からは16往復と比較的便利です。
島内の交通機関は島を一周する路線バスと生活路線バス「おと姫バス」が運行していますが、自家用車の必要性が高いです。

買い物

個人商店をはじめ、チェーンスーパー2店舗、ホームセンター、ドラッグストアなどがあり、日常生活には困りません。

医療

町内に医院が5箇所あります。そこを第1救急として、第2次救急は竹原市・東広島市の総合病院へ救急艇で搬送します。第3次救急の場合はヘリコプターで広島市・呉市の総合病院に搬送します。歯科医院は5箇所、耳鼻咽喉科は月に2回診療所を開いています。

子育て・教育

町には、保育所1、公立幼稚園1、小学校3校、中学校1校、特別支援学校分教室、県立高校1校、国立高専1校、県立中高一貫校1校があります。町立学校の教育環境は充実しており、美しい自然環境の中で学校生活を送ることができます。

レジャー施設

大串キャンプ場、グランドゴルフ場、魚釣り公園マリンパークおおさき、薬研谷温泉ふれあいの館、大崎上島文化センターには366人収容の多目的ホールと4万冊の蔵書のある情報プラザ・エルがあります。

通信環境

島内全域に光ファイバーが敷設されています。

空き家バンク

空き家バンクについてはこちら<外部リンク>をご覧ください。

移住定住ポータルサイト

大崎上島町移住・定住支援ポータルサイト「瀬戸内海の離島大崎上島町で暮らしてみませんか?」

大崎上島町移住定住支援ポータルサイト「瀬戸内海の離島大崎上島町で暮らしてみませんか?」<外部リンク>

ダウンロード

大崎上島町移住定住支援パンフレット「瀬戸内海の離島大崎上島町で暮らしてみませんか?」 [PDFファイル/5.98MB]

お問い合わせ

大崎上島町地域経営課
〒725-0231
広島県豊田郡大崎上島町東野6625番地1
Tel:0846-65-3123
Fax:0846-65-3144
e-mail: shinko01@town.osakikamijima.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)