ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 都市整備局 > 都市整備局 緑化推進部 緑政課 > ヒロシマヘイワキネンコウエン(B-B21-5)

本文

ページ番号:0000007659更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

ヒロシマヘイワキネンコウエン(B-B21-5)

English
简体中文
繁體中文
한글

Deutsch

バラの品種

 ヒロシマヘイワキネンコウエン Friedenspark Hiroshima

寄付者

 エルトビレ市

寄付年

 平成11年(1999年)1月

寄付の経緯

 ドイツ中西部のライン川に面したエルトビレ市はドイツ各地にあるローゼンシュタットの一つに指定された美しい街です。以前からドイツバラ会と交流の深かった日本バラ会中国支部と広島バラ会は、当時中国支部長原田東岷氏(広島市名誉市民)を団長として何度か訪問しました。その一方で、エルトビレ市の公園担当者やドイツバラ会の人々が何度も広島を訪れ、バラによる民間交流を行っていました。当時、バラで世界平和をと願う原田氏は広島の育種家田頭数蔵氏らが作出したヒロシマの名前が付けられたバラ(ヒロシマチルドレン、ピースメイカー、千羽鶴、ヒロシマアピールなど)を同市に寄贈し、平成10年(1998年)6月に同市のマインツ城バラ園に記念植樹されました。
 翌平成11年(1999年)1月にホフマン市長から、平成9年度(1997年度)にドイツローゼンユニオンでゴールドメダルを受賞した品種に「Friendenspark Hiroshima(ヒロシマヘイワキネンコウエン)」と名付けたバラの苗木46本が原田東岷氏を通じ、広島市長に届けられました。関係者の協議の結果、16本をバラ会会員が、30本を広島市が管理することになり、広島市分の30本を広島市植物公園で育成し、そのうち24本を平成12年(2000年)に平和記念公園に植樹しました。

位置図

位置図の画像

バラの写真

ヒロシマヘイワキネンコウエン

〔ヒロシマヘイワキネンコウエン Friedenspark Hiroshima〕

リンク先

 平和記念公園の寄附樹木 Topページ

Topページの内容

  1. 寄附樹木の説明
  2. 寄附樹木一覧
  3. 寄附樹木位置図
  4. 説明板のデザイン(高校生との協働作業)
  5. バラ園の写真集・配置図

 など