ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 消防・救急 > 消防 > 消防 > お知らせ・Q&A > 消防局からのお知らせ > 福島県郡山市で発生した爆発事故を踏まえた飲食店の防火対策に係る注意喚起について

本文

ページ番号:0000183051更新日:2020年8月25日更新印刷ページ表示

福島県郡山市で発生した爆発事故を踏まえた飲食店の防火対策に係る注意喚起について

福島県郡山市で発生した爆発事故について

 令和2年7月30日に福島県郡山市で発生した飲食店の爆発事故では、これまでのところ、死者1名、負傷者19名の被害が発生しています。
 現在、原因については調査中ですが、屋内のガス配管の腐食箇所から液化石油ガス(LPガス)が漏洩し、何らかの火源により引火、爆発した可能性が考えられます。

飲食店の防火対策について

 液化石油ガスは、引火の危険性があるため、飲食店事業者の方々は、次の事項に留意し、改めて事故防止を徹底していただきますようお願いいたします。

LPガス

について

・空気より重い

・臭いで分かるよう硫黄系の着臭をしている など

留意事項

ガス機器の適切な維持管理について

1 ガス機器の定期的な清掃やメンテナンスを実施すること。

2 ガス機器に異常を感じた場合やガス配管等に破損や著しい腐食等がある場合は直ちに使用を中止するとともに、緊急連絡先やメーカーに連絡し、修理等を依頼すること。

3 休業等でガスを長期間使用しない場合や事業を再開する場合は、液化石油ガス販売事業者に連絡をすること。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)