ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2022年 > 6月 > 被爆体験証言者、被爆体験伝承者及び家族伝承者養成研修の実施について

本文

ページ番号:0000285675更新日:2022年6月20日更新印刷ページ表示

被爆体験証言者、被爆体験伝承者及び家族伝承者養成研修の実施について

ヘッダー画像

令和4年(2022年)6月20日(月曜日)
市民局国際平和推進部平和推進課
被爆体験継承担当:稲田、榎崎
電話:242-7831 内線:5817

被爆体験証言者、被爆体験伝承者及び家族伝承者養成研修の実施について​

 

 被爆体験証言者、被爆体験伝承者及び家族伝承者の養成研修を7月5日(火)から実施しますのでお知らせします。

1 今年度の募集・応募状況
 (1) 募集期間  5月11日(水)~5月31日(火)
 (2) 応募者数
    被爆体験証言者   2人(平均年齢81.5歳)
    被爆体験伝承者 48人(平均年齢51.6歳)
    家 族 伝 承 者   54人(平均年齢60.1歳)
   ※ 平均年齢は5月31日を基準にしています。
  

​2 今年度の研修(全8回)

研修内容

開催日

場所

講義(被爆の実相について)

被爆体験講話聴講等

7/5(火)

広島平和記念資料館

(中区中島町1-2)

メモリアルホール

(話法技術の習得は会議室2)

7/6(水)

7/7(木)

7/9(土)

7/10(日)

7/11(月)

講義(話法技術の習得)

7/14(木)、7/15(金)

7/16(土)、7/17(日)

【全体】
1 全体スケジュール
  研修期間は、被爆体験証言者は概ね1年間、被爆体験伝承者及び家族伝承者は概ね2年間です。


2 応募状況(直近5年)

区分

令和4年度

令和3年度

令和2年度

令和元年度

平成30年度

被爆体験証言者

2人

10人

0人

2人

14人

被爆体験伝承者

48人

51人

42人

61人

72人

家族伝承者

54人


3 活動状況
  現在、養成研修を修了し、広島平和文化センターから委嘱を受けた伝承者156人と証言者19人が活動しています。

4 被爆体験伝承者の伝承講話実施回数等(令和3年度の実績)
  431回実施し、18,527人が聴講しました。
  (うち平和記念資料館等で行う定時講話:240回、1,948人 団体等の依頼による講話:191回、16,579人)


 

フッター画像

2023年