ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 健康福祉局 > 健康福祉局 原爆被害対策部 援護課 > 被爆者特別検査促進手当

本文

ページ番号:0000003305更新日:2020年3月17日更新印刷ページ表示

被爆者特別検査促進手当

 近距離で被爆した被爆者のうち、一般検査の結果、精密検査が必要であると診断され、本市が指定した医療機関で精密検査(特別検査)を受診された方に支給されます。

対象者

 爆心地から1キロメートル以内において直接被爆した被爆者のうち、一般検査の結果、精密検査が必要であると診断され、本市が指定した医療機関で精密検査(特別検査)を受診された方。
 該当する方に通知します。

支給額

500円
支給回数は年1回です。

支給方法

精密検査(特別検査)実施医療機関で支給します。
促進手当の領収確認を行うため、受診の際に、印鑑を持参してください。

窓口

詳しいことは、市役所原爆被害対策部援護課援護係にお問い合わせください。

根拠規程

広島市原子爆弾被爆者援護要綱

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 原爆被害対策部 援護課 援護係
電話:082-504-2195/Fax:082-504-2257