ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 住民主体型生活支援訪問サービス

本文

ページ番号:0000006192更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

住民主体型生活支援訪問サービス

 住民主体型生活支援訪問サービスは、地域団体等が、簡易な生活支援があれば、居宅で自立した生活を送ることが可能な要支援者等(※)の自宅を訪問し、生活支援を行うサービスです。
また、主に住民主体の自主活動として行う多様な生活支援を提供することにより、地域における支え合いの体制づくりを推進します。

※ 要支援1・2または事業対象者(基本チェックリストの判定を受け、生活機能の低下が見られた人)

実施団体

 町内会・自治会、地区(学区)社会福祉協議会、NPO法人、老人クラブ、女性会、協同労働団体、ボランティア団体またはこれに類する団体。

※ 実施団体は公募により選定した団体です。

※ 実施団体には、広島市から補助金を交付します。

  • 運営費:年10万円(限度額)
  • ボランティアコーディネーターへの謝礼金:活動日1日当たり1,000円(限度額)

サービス内容

  • 1号サービス
    介護保険の事業者が提供しているサービス(掃除、洗濯、一般的な調理等)
  • 2号サービス
    介護保険の事業者が提供できないサービス(草むしり、家具の移動、買い物の付添い等)

※ 実施団体によって提供するサービス内容が違います。
 地域包括支援センターが行う介護予防ケアマネジメントを受けたうえで、利用するサービスが決まります。

利用者負担

有償ボランティアにふさわしい範囲で実施団体が設定した利用料金を全額負担。

関連情報

4 住民主体型生活支援訪問サービス実施団体一覧

ダウンロード

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)