ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000004136更新日:2023年4月3日更新印刷ページ表示

先輩職員からのメッセージ ~農林業~

農林業

 経済観光局等で、農林業への理解の促進、多様な担い手の育成、地産地消の推進、木材利用の促進、農地の保全・活用や森林の育成・保全、鳥獣保護・有害鳥獣対策等の業務に従事します。​
 ※令和5年度から、試験区分「園芸」及び「林業」を統合し、新たに「農林業」を創設しました。​

広島市の農業がこれからも続いていくために

  柴村 海沙 (令和2年度採用)

 柴村海沙の写真1 安佐南区役所農林建設部農林課農林振興係 技師

  配属歴:経済観光局農林水産部農政課(2年間)→現職1年目
  (※令和5年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 農林課では、農村地域での農業体験を行う事業や農業経営継承を支援する事業など農業に関わる様々な業務を行っています。農業生産技術指導では、生産者に栽培技術を指導したり、補助金の説明を行います。私は、まだまだ知識が浅く、新しい技術や農薬などに対応するため日々勉強が必要ですが、学んだことを生かせた時には達成感が得られ、次も頑張ろうと思えます。

職場の雰囲気

 周囲に経験豊富な先輩方が多くいるので、安心して業務を進められています。また、異動で別の部署になっても業務で関わることが多いため、他部署の職員とも円滑に業務を行うことができます。

この仕事を選んだ理由

 体を動かすことや自然に触れることが好きで、将来の職業は第1次産業に関わる仕事がしたいと思っていました。短期大学で農業や林業の様々な職業に触れる中で、この職業に就きたいと思いました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 広島市の農業は、都市部から農村部まで幅広く魅力的です。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

ある日のスケジュール

柴村海沙の写真2  8時25分 ≪出勤≫技師服に着替える
  8時30分 ≪始業≫メールや回覧物の確認、新聞記事のチェック
  9時00分 ≪栽培指導≫担当地区を巡回
11時30分   ≪電話・窓口対応≫交付金の申請方法に関する問合せなど
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪窓口対応≫補助金申請者と申請内容について確認
14時00分 ≪事務処理≫記録、報告、講習会資料の作成
17時30分 ≪退庁≫書類を整理し、技師服から着替えて退庁
18時30分 友人と食事

「適正な森林管理」と「中山間地域活性化」を推進するために

  藤井 優弥​ (令和3年度採用)

 藤井優弥の写真 経済観光局農林水産部農林整備課森林係 技師​

  配属歴:現職2年目
  (※令和5年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 私は、現在、森林行政全般を担当する部署に所属しており、健全な森林を育てる施策の立案・推進に携わっています。森林行政を進めるためには、専門的知識を身につけるだけでなく、予算折衝、議会対応など、やるべき事がたくさんあります。その中で、地域の方の意見や職場の先輩のアドバイスを取り入れながら、自分の考えが施策に反映できると、大きな達成感を感じます。

この仕事を選んだ理由

 明るく楽しい職場です。職場の皆さんが優しい方ばかりで、公私ともに相談しやすいのも職場の大きな魅力だと思います。

この仕事を選んだ理由

 学生時代は、「中山間地域の活性化」をテーマに研究を行っていました。そして、林業を学んでいく中で、森林整備と木材利用の観点から、地域活動を活性化できないかと考えるようになり、林業振興に携わることのできる公務員を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 大切なのは自分の考えをしっかり持っておくことだと思います。自分に向いている仕事を探すことはなかなか難しいことだと思います。周りの方の助言を受けながら、自信を持って進路選択ができるとよいと考えます。将来、皆さんと共に働くことを楽しみにしています。

ある日のスケジュール

  8藤井優弥の写真2時20分 ≪出勤≫
  8時30分 ≪始業≫メールや回覧物の確認、新聞記事のチェック
  9時00分 ≪電話・窓口対応≫森林づくりに関する問合せなど
10時00分 ≪打合せ≫業者と木材利用に関する打合せ
12時00分 ≪昼食≫職員食堂で昼食
13時00分 ≪現地調査≫現地に出向き、申請内容の適正を調査
16時30分 ≪事務処理≫記録、報告の作成
17時15分 ≪退庁≫翌日の準備をして退庁
18時00分 趣味の時間でリフレッシュ

広島市の農業を守り、盛り上げていくために

  村田  裕基 (平成31年度採用)

 村田裕基の写真 安佐北区役所農林建設部農林課農林振興係 技師

  配属歴:公益財団法人広島市農林水産振興センター農林部農業担い手育成課(2年間)→現職1年目
  (※令和4年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 農林課には、農業の生産技術指導や有害鳥獣の捕獲に関する事務、生産者への給付金交付事務など、多岐にわたる業務があります。その中で私は、高陽地区で農業の生産技術指導をしています。業務では、知識だけを一方的に伝えるのではなく、相手の話をしっかり聞き、現地で確認するなど、相手の心に寄り添うように気をつけています。仕事では大変なことも多いですが、農家の方からのありがとうという言葉がやりがいにつながっています。

職場の雰囲気

 私が業務に関することで困っていることや相談したいことがあれば、非常に頼りになる先輩職員に気軽に相談できる環境なので、仕事が進めやすく助かっています。

この仕事を選んだ理由

 私が大好きな広島に貢献できることや、大学で学んだことを生かしつつ自身がさらに成長できると感じ、広島市職員を目指しました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 広島市では、農家の所得向上や農地を守るために、関係職員が一丸となって日々頑張っています。その一員として、お互い切磋琢磨しながら、同僚として共に仕事ができることを願っています。

ある日のスケジュール

村田裕基の写真2  8時15分 ≪出勤≫
  8時30分 ≪始業≫メールや回覧物の確認、一日のスケジュール確認
  9時00分 ≪電話・窓口対応≫森林の伐採に関する問合せなど
10時00分  ≪事務処理≫森林の土地所有者届の受理及び台帳への記載
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪農業指導≫高陽地区の農家に出向き、野菜の生育状況や病害虫などを確認
16時30分 ≪事務処理≫照会の回答作成及び回答
17時30分 ≪退庁≫翌日の準備をして退庁
18時30分 ≪地元プロ野球チームの応援≫自宅のテレビで試合観戦

みんなで取り組む森林(もり)づくり

  井上  春野 (平成31年度採用)

 井上春野の写真 公益財団法人広島市農林水産振興センター農林部農林振興課森林整備係 技師

  配属歴:現職3年目
  (※令和4年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 私の所属する森林整備係では森林の適正な管理の推進や、林業の担い手の育成を行っています。その中で私は、市民の皆さんが森林づくりに参加するきっかけとなるような講習会やイベントの企画運営などを担当しています。講習会に参加された方から、「森林整備の大切さがわかった」、「これをきっかけに森林整備活動に取り組むようになった」というようなお声をいただいたときに、やりがいを感じます。

この仕事を選んだ理由

 経験豊富な上司や先輩方がいて、気兼ねなく質問や相談ができる良い環境です。困ったときはフォローしてくれる仲間がいるので、安心して取り組むことができます。

この仕事を選んだ理由

 大学では野生動物や自然環境について学びました。その中で、人間と自然が共存していくためには森林整備が必要だということをたくさんの方に知ってもらいたいと思うようになり、この仕事を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 林業職は森林の踏査や契約の事務など様々な業務を行います。覚えることも多く勉強の日々ですが、経験を積むうちに自分の視野が広がったと感じています。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

ある日のスケジュール

  8井上春野の写真2時20分 ≪出勤≫
  8時30分 ≪始業≫メールや回覧物の確認
  9時00分 ≪電話対応≫森林づくり体験講習会に関する問合せ等
10時00分 ≪現地調査≫講習会の現地を下見、講師と打合せ
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪事務処理≫講習会に関する通知の作成、発送
16時00分 ≪事務処理≫講習会当日の資料の作成、林業道具の確認
17時15分 ≪退庁≫翌日のスケジュールを確認して退庁

広島市の森林を市民の皆さんの身近な場所に

  竹内 美織 (平成30年度採用)

 竹内美織の写真 安芸区役所農林建設部農林課農林振興係 技師

  配属歴:現職2年目
  (※令和2年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 私が所属する農林課では、農林業の振興や有害鳥獣対策などを行っています。この中で私は、森林整備に関する補助事業や森林法に関する届出の処理、農林業体験イベントの企画運営などを担当しています。市民の方と話し合う機会が多く、「事業をやってよかった」という声を聞いたり、楽しそうに農林業の体験をしているイベント参加者の方の様子を見たりすると、やりがいを感じます。

この仕事を選んだ理由

 頼もしい先輩や上司に恵まれ、分からないことや不安なことがあっても、気兼ねなく質問や相談ができる明るい雰囲気の職場です。

この仕事を選んだ理由

 大学で林業や森林について学び、仕事でも森林に関わりたいと思ったことと、多くの人に森林を身近に感じ、知ってもらうことで生まれ育ったまちの森林を未来に残したいと思い、この仕事を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 林業職の仕事は、イベントの運営や技術的な仕事から事務仕事まで多岐にわたり、様々な経験をすることができます。広島市の林業職に興味を持っている皆さんと、一緒に働ける日を楽しみにしています。

ある日のスケジュール

 竹内美織の写真28時15分 ≪出勤≫
 8時30分  ≪始業≫メールや回覧物の確認
 9時00分 ≪電話・窓口対応≫森林整備や森林に関する届出についての問合せなど
11時00分 ≪打合せ≫会議の内容について係内で協議
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪地元説明≫地元の方へ森林整備に関する事業説明
16時00分 ≪事務処理≫報告書や資料の作成など
19時00分 ≪会議≫市民の方等と農林業体験イベントについて協議
20時00分 ≪退庁≫翌日の準備をして退庁

広島市の農業・農村の活性化を目指して

  岡内 晴菜 (平成28年度採用)

 岡内晴菜の画像1 安佐北区役所農林建設部農林課農林振興係 技師

  配属歴:公益財団法人広島市農林水産振興センター農林部農業担い手育成課(2年間)→現職1年目
  (※平成31年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 私の仕事は、農家に対する栽培指導や、地域資源の保全管理を行う地域の支援、イベントを通じた農村振興です。定期的に開催される講習会に参加したり、農家巡回を行い栽培指導を行っています。自分が指導した農家の野菜が直売所などに陳列されているのを見ることで、やりがいを感じています。また、現場で指導を行うことで自分自身のスキルアップにもつながっているため、この点にもやりがいを感じます。

職場の雰囲気

 周囲には同様の業務を行っている頼れる先輩が多く、悩み事や困ったことがあれば先輩職員が助けてくれる、安心できる職場です。また、問題や課題があればみんなで議論し、助け合いながら仕事をしています。

この仕事を選んだ理由

大学で学んだ農業や園芸の知識を活かすことのできる職に就きたいと思ったこと、農業を通じた魅力あるまちづくりに携わりたいと思ったことから、広島市の園芸技師を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 園芸技師の仕事は多岐に渡り、様々な内容の仕事をすることができます。農業や生物の知識・技術を活かすことのできる場も多くあります。皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

ある日のスケジュール

 岡内晴菜の画像28時15分 ≪出勤≫
 8時30分 ≪始業≫メールのチェック、1日のスケジュール確認
 9時00分 ≪栽培指導≫担当地区の農家を巡回
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪会議≫管内の関係機関と会議
16時00分 ≪事務処理≫報告書の作成
17時30分 ≪退庁≫翌日の準備をして退庁
18時00分 ≪地元プロ野球チームの応援≫試合観戦のためマツダスタジアムへ

ひろしまの「ヒト」と「森林(モリ)」をつなげる仕事

  南川 理恵 (平成22年度採用)

 南川理恵の画像1 安佐南区役所農林建設部農林課 技師

  配属歴:安佐北区役所農林建設部農林課(2年間)→公益財団法人広島市農林水産振興センター農林部農林体験推進課(2年間)→経済観光局農林水産部農林整備課(2年間)→現職3年目
  (※平成31年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 私の所属する農林課は、農林業に関する相談や技術の普及指導、各種助成支援などを行っています。その中で私は、市民参加型の森林体験を企画運営したり、森林整備に係る助成支援や設計、契約事務などを担当しています。事業を進めていく中で、期間や予算に制限があるなど、厳しい場面に直面することもありますが、市民の方から「ありがとう」「お世話になりました」と声をかけてもらえた時にやりがいを感じます。

この仕事を選んだ理由

 気兼ねなく何でも相談でき、和気あいあいとした楽しい職場です。

この仕事を選んだ理由

 学生時代、行政主催の森林ボランティア活動への参加がきっかけとなり、森林教育に興味を持ちました。そうした中、本市の林業施策にひかれ、森林の大切さや魅力を発信できる仕事がしたいと思い現在の職を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 仕事と育児を両立しながら安心して働くことができる職場です。私達と一緒に広島市の林業を盛り上げましょう!!皆さんと共に働ける日を心よりお待ちしております。

ある日のスケジュール

 南川理恵の画像28時10分 ≪出勤≫職場の清掃
 8時30分 ≪始業≫業務の準備、一日のスケジュール確認
 9時00分 ≪現地調査≫里山整備の要望場所へ出向き調査
11時00分 ≪地元説明会≫町内会へ里山整備に関する事業説明を行う
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪電話・窓口対応≫森林整備や伐採に関する問合せなど
15時30分 ≪事務処理≫地元説明会の記録、報告の作成など
16時30分 ≪退庁≫翌日のスケジュールを確認、育児時間休暇(45分)を取得し退庁
17時00分 保育園へ子供を迎えにいく

広島市の農業振興・農村振興の力になりたい

  柏原 克彦 (平成27年度採用)

柏原克彦の画像1  安佐北区役所農林建設部農林課農林振興係 技師

  配属歴:公益財団法人広島市みどり生きもの協会植物公園栽培・展示課(2年間)→現職1年目
  (※平成30年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 広島市は昔から農業の盛んな土地でしたが、今では高齢化やそれに伴う耕作放棄地の増加などが大きな問題になっています。私の仕事は、農家への栽培指導や新規就農者の経営支援、シカ・イノシシ等に対する防除指導を含む有害鳥獣対策、農村コミュニティの交流イベント等を通じた農村振興の支援などです。栽培指導や防除指導を通じて、良い作物ができた時や、農家の皆さんと一緒に問題を解決できた時にはとても達成感があります。また、交流イベント等を通じて、今までは知らなかった広島市内の農村の魅力を知ることができるのも、非常に良い経験となっています。

この仕事を選んだ理由

 大学で生物や園芸について広く学び、それを生かせる職に就きたいと考えていました。広島市の園芸職員は栽培指導や試験研究だけでなく、都市農村交流や各種イベント、農村振興にも関わることができることに魅力を感じ、この仕事を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 園芸職と聞くと非常に限定された職務内容を想像されるかもしれませんが、職場も内容も多岐にわたります。その分考えることもありますが、たくさんの先輩職員がいつも助けてくれる、安心できる職場です。皆さんと一緒に働く日を心からお待ちしています。

ある日のスケジュール

 柏原克彦の画像28時15分 ≪出勤≫
 8時30分 ≪始業≫メールのチェック、業務の準備、一日のスケジュール確認
 9時00分 ≪事務処理≫回覧物の確認、起案文書作成
10時00分 ≪講習会≫地域の農談会に出席、栽培指導
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪有害鳥獣防除指導≫被害相談のあった農家さん宅で防除指導を行う
15時30分 ≪栽培指導≫地域の農家さんを巡回
17時00分 ≪事務処理≫外出中にたまった事務処理や相談の対応
17時30分 ≪退庁≫書類の整理をして退庁

広島市の林業再生と中山間地域の活性化を目指して

  安松 環 (平成22年度採用)

 安松環の画像 経済観光局農林水産部農林整備課 技師

  配属歴:佐伯区役所農林建設部農林課(3年間)→安佐北区役所農林建設部農林課(3年間)→現職2年目
  (※平成30年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 広島市の森林は市域面積の6割を超え、木材生産、水源かん養、土砂災害の防止など、市民生活に恩恵をもたらす貴重な財産であり、健全な状態で次世代に引き継いでいく必要があります。しかし、林業の採算性の悪化などにより森林の荒廃が進んでいます。
 私は、こうした森林の適切な管理を推進するため、林業の担い手の育成や森林整備の助成事業を企画しています。また、多くの市民の方に森林に関心を持ってもらうための講演会等の企画や森林ボランティアの支援を行っています。区役所職員と協力し、地域住民と話をしながら、現状の課題を洗い出し、必要な事業を企画、実施していく仕事にやりがいを感じます。区役所での職務経験を生かして、現場の声を少しでも施策に反映できるように取り組んでいます。

この仕事を選んだ理由

 学生時代、農山村地域で農林業の支援をするボランティアをしていました。地域の高齢化、過疎化の現状を知り、地域のために何かできないかと考えていました。地域の活性化のためにも、農山村の基盤である農業や林業等の振興をする仕事をしてみたいと思い、現在の仕事を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 市役所は様々な方が利用されるので、分野も多岐に渡ります。専門職は専門性を問われることもありますが、それにとらわれることなく、幅広い視野を持つことも大事だと思います。ぜひ、いろいろなことにチャレンジし、見聞を広めていただきたいです。

ある日のスケジュール

 8時10分 ≪出勤≫新聞記事のチェック
 8時30分 ≪始業≫メールや回覧物の確認
 9時00分 ≪地元説明会≫住民の方に事業説明を行う
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪現地検査≫森林整備の助成事業の現地確認を行う
16時00分 ≪打合せ≫講演会の企画内容について協議
16時30分 ≪接客≫電話対応やメールの返信
17時00分 ≪事務処理≫報告書、企画資料の作成
19時30分 ≪退庁≫翌日のスケジュールを確認し、退庁

全国的に注目される広島市の農業研修事業

  籔野 裕之 (平成23年度採用)

籔野裕之の画像1  (公財)広島市農林水産振興センター農林部農業振興課担い手育成係 技師

  配属歴:経済観光局農林水産部農政課(2年間)→現職3年目
  (※平成28年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 籔野裕之の画像2私の仕事は、農業に夢を託す新規就農者を育成する事業に携わっています。一般的に、今の時代で農業で生計を立てるのは非常に難しいと言われていますが、私の携わっている研修事業の修了生は、農業経営者として他産業並みの所得となっています。これまで多くの方が修了し、全国から視察や取材が来て注目されています。
 仕事のやりがいは、そうした修了生たちが農業で頑張っている姿を見ることや農業という職業に将来性を感じられることですが、それだけでなく、修了生が地元行事に積極的に参加し、地元の活性化にも寄与しており、地元から感謝されることです。私は全く農業の経験がありませんでしたが、研修生を教えながら自分自身も農業技術のスキルが身についていくことが実感できます。

 

この仕事を選んだ理由

 魅力あるまちづくりに携わりたいと思ったこと、園芸知識や技術を身に付けたいと思ったこと、大学で学んだことを活かした仕事をしたいと思ったことから広島市の技術職員を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 生物や農業を学んでいるなら、そのスキルを活かすことができるのは”園芸職員”です。先輩職員もたくさんおり、仕事に限らずいろいろな相談に乗ってくれます。ぜひ、来てください。

健全な森林の保全と育成に向けて

  米田 俊 (平成25年度採用)

 米田俊の画像 経済観光局農林水産部農林整備課森林係 技師

  配属歴:安佐北区役所農林建設部農林課(2年間)→現職1年目
  (※平成28年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 広島市は、森林が市域面積の3分の2を占めている緑豊かな都市です。しかしながら、全国的に問題となっている放置され荒廃した森林の増加が進展しており、森林の持つ公益的な機能の低下が危惧されています。
 私は、現在、荒廃森林の対策を含めた森林行政全般を担当する部署に所属しており、施策立案や市有林の整備に携わっています。森林行政を進めるためには、国の施策の導入や市内部の予算折衝、議会対応など、やるべき事がたくさんあり、また市民の関心の高い有害鳥獣対策等で重圧を感じる場面も多々ありますが、仕事を通じて幅広い知識が習得でき、職場の上司や先輩に協力してもらいながらも、自分の考えが施策に反映される点で、非常にやりがいを感じています。

この仕事を選んだ理由

 学生時代に手入れの不十分な森林が、災害や獣害等の問題に直面している現状を目の当たりにし、森林の保全や林業の振興に関わる仕事に携わりたいと考えるようになりました。そこで、出身地である広島市の林業振興に関わる仕事に就きたいと思い、公務員を志望しました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 自分にどんな仕事が向いているのか、考え出せば悩みは尽きませんが、大切なのは、自分自身の描く大きな軸を持っておくことだと思います。最後まで自信を持って、進路を切り開いてください。その先にはきっと、やりがいのある仕事が待っています。皆さんと一緒に働ける日を心よりお待ちしています。

<外部リンク>