ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000004127更新日:2020年3月19日更新印刷ページ表示

先輩職員からのメッセージ ~行政事務~

行政事務

 事務職の業務分野は非常に多種多様で、危機管理、総合計画、予算、税務、平和推進、国際交流、広報・広聴、社会福祉、保健衛生、環境、商工業・農林水産業振興、都市計画、教育行政、水道事業その他、市政のあらゆる分野において活躍のステージがあります。

🚲自転車を通して、まちの魅力を再発見🚲

  小林 真子 (平成28年度採用)

  小林真子の写真道路交通局自転車都市づくり推進課 主事

  配属歴:安芸区役所厚生部保健福祉課(2年間)→現職2年目
  (※令和2年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 自転車都市づくり推進課は、自転車による地域振興を図るため、警察や地元、民間事業者と連携しながら、駐輪場の運営や整備、自転車ルール・マナーの啓発など様々な取組を行っています。その中で私は、主にシェアサイクル事業に携わっており、近頃は国内外の観光客や市民の方々がサービスを利用されている様子を見かける機会も増え、公共交通機関を補完する交通手段へと成長していることを実感し、大変やりがいを感じています。

職場の雰囲気

 職場では、頼りがいのある優しい先輩方と一緒に仕事をさせてもらっています。気兼ねなく仕事のことやプライベートのことを相談できる雰囲気なので、大変ありがたいと感じています。

この仕事を選んだ理由

 様々な境遇の人の助けになりたいと思い、特定のお客様のためではなく、公のために仕事をする公務員を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 市役所の業務は多岐にわたるため、大変だと感じることもあると思いますが、知識が増えることで様々な市民の方の声に対応できるようになり、やりがいを得られると思います。一緒に仕事をする日を心待ちにしています。

ある日のスケジュール

 小林真子の写真28時15分  ≪出勤≫
 8時30分  ≪始業≫メールや自転車関連情報のチェック
 9時00分  ≪事務処理≫庶務・予算関連など各種照会に対する回答の作成
12時00分 ≪昼食≫職場で昼食をとる
13時00分 ≪打合せ≫関連部署や業者とシェアサイクルに関する協議
15時00分 ≪事務処理≫記録、報告の作成
16時00分 ≪事務処理≫申請や協議に必要な資料の作成
19時30分 ≪事務処理≫翌日以降のタスク管理
20時00分   ≪退庁≫

やりがい、頑張りがい、働きがいのある職場

  平田 麻梨子 (平成22年度採用)

  平田麻梨子の写真安佐北区役所厚生部健康長寿課介護保険係 主事

  配属歴:安佐南区役所厚生部健康長寿課(3年間)→安佐北区役所厚生部保健福祉課(6年間)→現職1年目
  (※令和2年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 私は健康長寿課に所属し、介護保険に関する業務を担当しています。市民の方からの問合せにお答えしたり、介護サービスの利用を希望される方についての事務手続などが現在の主な担当業務です。介護保険の制度の内容に変更があれば、その都度職員同士で情報交換や情報共有を積極的に行っています。こうして職員が一丸となって学びを重ねることに、日々やりがいを感じています。

職場の雰囲気

 私には下肢障害があり、業務の中には困難なこともありますが、そこは他の職員のサポートで助けられています。上司にも後輩にも相談しやすく、和気あいあいと協力し合える職場です。

この仕事を選んだ理由

 入庁前は民間企業に勤めいていましたが、仕事の身体への負担が大きくなり転職を考えました。先輩公務員の方から障害、転職関係なく安心して働ける職場だと伺い、広島市職員を目指すことにしました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 障害、転職等関係なく、自らの力を発揮する事ができます。そして頑張った分評価していただけます。学ぶことも多く、自身の成長にも繋がる仕事だと思います。一緒に働けることを楽しみにしています。

ある日のスケジュール

 平田麻梨子の写真②8時00分  ≪出勤≫
 8時30分  ≪始業≫メールや回覧物の確認・処理
 9時00分  ≪事務処理≫申請処理、記録や通知文の作成
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪事務処理≫メール、回覧物、郵便物の確認・処理
14時00分 ≪事務処理・電話対応≫申請処理、議事録作成、医療機関等へ電話
17時30分 ≪退庁≫メールや回覧物の確認・処理、翌日の準備をして退庁
18時00分 友人と食事

公共交通の充実により、魅力あるまちづくりを

  前 祐介 (平成27年度採用)

  前祐介の画像1道路交通局都市交通部交通対策担当 主事

  配属歴:財政局税務部東部市税事務所(3年間)→現職1年目
  (※平成31年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 都市交通部は、公共交通サービスの充実・強化を図るため、交通事業者等と連携しながら、交通結節点の整備など様々な取組を行っています。その中で私は、主にJRと路面電車の輸送改善・機能強化策について検討しています。JRや路面電車は、市民の方々のみならず、市外からの来訪者の方々にとっても重要な公共交通機関であり、これらの利便性向上は魅力あるまちづくりにもつながると思うので、大変やりがいがあります。

職場の雰囲気

 職場では、頼りがいのある先輩方に囲まれ、仕事に対する姿勢など毎日多くのことを吸収させてもらっています。また、気兼ねなく質問や相談ができる雰囲気なので、仕事がやりやすい職場です。

この仕事を選んだ理由

 就職について考えたとき、「多くの人の役に立つ仕事がしたい」「生まれ育ったまちのために働きたい」という思いが自分のなかで大きかったため、広島市役所を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 広島市の業務は多岐にわたるため勉強しなければならないことも多いですが、先輩方に支えられながら、日々自らの成長を感じられると思います。ぜひ、「世界に誇れる『まち』広島」の実現に向けて、一緒に働きましょう。

ある日のスケジュール

 前祐介の画像28時20分 ≪出勤≫新聞記事のチェック
 8時30分 ≪始業≫1日のスケジュール確認、メールの確認
 9時00分 ≪事務処理≫資料の作成
11時00分 ≪打合せ≫上司への説明
12時00分 ≪昼食≫友人と外で昼食
13時00分 ≪協議≫交通事業者との協議
15時30分 ≪事務処理≫協議の記録、報告書の作成
18時00分 ≪事務処理≫翌日に向けた資料作成
20時00分 ≪退庁≫書類などを整理して退庁

スマイルコミュニケーション 市民と市政をつなぐ窓口

  高井 千帆 (平成24年度採用)

  高井千帆の画像1財政局西部市税事務所管理係 主事

  配属歴:佐伯区役所市民部保険年金課(6年間)→現職1年目
  (※平成31年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 私の所属する西部市税事務所管理係は、市税等の収納、還付、各種証明発行、原動機付自転車標識交付など、市民の日常生活に密接な仕事をしています。一人でも多くの方に「窓口に来てよかった」「電話してよかった」と思っていただけるよう、親切・丁寧・笑顔での対応を心掛けています。業務の知識習得のため勉強の毎日ですが、市民の方に「ありがとう」と声を掛けられることがあります。そんなとき、この仕事をしていて良かったと実感します。

職場の雰囲気

 縦横風通しの良い職場です。優しく、頼りになる上司、同僚に恵まれ、毎日生き生き仕事をしています。職員同士のコミュニケーションも良く、仕事で分からないことなど相談でき、どんどんスキルアップできる環境です。

この仕事を選んだ理由

 広島市の広報紙「ひろしま市民と市政」を見て、いろいろなイベントに親子でたくさん参加していました。どのイベントも市職員の方が親切で「自分も広島市のために働きたい!」と思うようになりこの仕事を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 私は下肢の障がいがありますが、職場の方の協力もあり、不自由なく仕事をしています。市役所の仕事は多種多様の業務があります。皆さんも広島市職員として自分が輝ける仕事をしてみませんか。

ある日のスケジュール

 高井千帆の画像28時10分 ≪出勤≫
 8時30分 ≪始業≫業務の準備、1日のスケジュール確認
     ≪電話・窓口対応≫市民税等に関する問合せなど
 9時00分 ≪事務処理≫還付通知発送準備、通知作成など
11時00分 ≪事務処理≫証明発行(郵送請求分)
12時00分 ≪昼食≫食堂で弁当を食べる
13時00分 ≪電話・窓口対応≫市民税等に関する問合せなど
16時30分 ≪事務処理≫今日中に処理する書類等を再度、確認
17時30分 ≪退庁≫翌日のスケジュールを立て準備をして退庁
18時00分 友人と一緒に映画鑑賞のため映画館へ

みんなの力で魅力と活力あるまち「ひろしま」をつくりたい!

  保田 早紀 (平成26年度採用)

 保田早紀の画像1 企画総務局地域活性化調整部コミュニティ再生課 主事

  配属歴:安佐南区役所市民部地域起こし推進課(3年間)→現職1年目
  (※平成30年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 私の所属するコミュニティ再生課は、地域コミュニティの活性化や地域の魅力と活力向上のために住民の皆さんが取り組むまちづくり活動の支援などを行っています。その中で私は、地域特性を生かした個性豊かなまちづくりの推進を担当しており、各区役所と連携を図りながら、まちづくり活動の継続や発展に必要な支援について検討しています。明るい職場で心強い先輩方と働く日々は、毎日勉強になり充実しています。広島市を「住んでみたい、住み続けたい、戻ってきたい」と思われる「まち」にしていくことが私の目標です。そして、そのまちづくりに携われることに誇りとやりがいを感じています。

この仕事を選んだ理由

 学生時代に学んだ法律に携わりながら、市民の暮らしに直結する仕事ができる公務員の仕事に魅力を感じました。家族のいる広島市で暮らしながら、生まれ育ったまちのために働きたいと思い広島市役所を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 多種多様な業務があり、それぞれに専門性を求められるため大変な面もあります。しかし、その分多くの知識や経験を得ることができ、たくさんの人と出会うことができる職場です。ぜひ一緒に「世界に誇れる『まち』広島」をつくりましょう!

ある日のスケジュール

 8時15分 ≪出勤≫保田早紀の画像2
 8時30分 ≪始業≫業務の準備、メールの確認など
 9時00分 ≪電話対応≫住民や区役所からの問合せ対応
10時30分 ≪接客≫地域団体へ物品(プロジェクターやスクリーンなど)の貸出
12時00分 ≪昼食≫同期と食堂で昼食
13時00分 ≪協議≫地域に出向き、活動状況の聞き取りやまちづくりの進め方などについて住民と協議
15時00分 ≪事務処理≫記録、報告書などの作成
16時00分 ≪協議≫まちづくり交流サロンの開催について課内協議
17時30分 ≪退庁≫書類を整理して退庁
18時00分 ≪地元プロ野球チームの応援≫試合観戦のためマツダスタジアムへ

市民の健康と安心をお手伝いしています

  谷口 尚美 (平成28年度採用)

 谷口尚美の画像1 西区役所市民部保険年金課 主事

  配属歴:安芸区役所厚生部保健福祉課(非常勤4年間)→現職2年目
  (※平成30年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 保険年金課は、国民健康保険に関することと国民年金に関することの2つが大きな柱となっています。その中で、私は国民健康保険の保険給付や保険証の更新業務を主に担当しています。国民健康保険に加入されている市民の方に、一日でも早く保険給付できるように取り組んでいます。
 窓口で市民の方に対応する際は、国民健康保険に関する幅広い知識が必要となります。そのため、私の担当業務以外のことに関する知識も深めることができます。窓口に来られる方の状況は様々で、その方が何を望んでおられるのか、どのような状況なのかを丁寧にお伺いし、相手の立場に立った分かりやすい説明を心掛けています。

この仕事を選んだ理由

 この仕事を選んだ最初のきっかけは、前職の民間企業で働いていたときに、本市職員との出会いがあったからです。それから、市の非常勤職員として働くようになり、先輩方から、事務職には様々な分野があると教えていただきました。そして、私も様々な経験をしていきたいと思い、正規職員を目指すようになりました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 あなたの状況はどんな状況ですか?身体に障がいがあろうと、多種多様の仕事がありますので、あなたに適した活躍場所はあります。心強い先輩方に支えていただき、公私とも充実した日々を送っています。一緒に働ける日をとても楽しみにしています。

ある日のスケジュール

 谷口尚美の画像28時00分 ≪出勤≫一日のスケジュール確認
 8時30分 ≪始業≫メールや回覧物の確認
              ≪事務処理/電話応対≫保険給付に関わる入力など/電話での国民健康保険に関わる問合せ対応
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪窓口対応当番≫国民健康保険に関する窓口対応
17時30分 ≪退庁≫翌日の準備をして退庁
19時00分 ≪競技練習≫水泳競技の練習で仲間と泳ぐ

スポーツの力で市民の暮らしをより豊かに

  多賀 憲司 (平成25年度採用)

  多賀憲司の画像1市民局文化スポーツ部スポーツ振興課 主事

  配属歴:安佐南区役所厚生部生活課(2年間)→現職2年目
  (※平成29年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 多賀憲司の画像2スポーツ振興課は、スポーツ施設の管理運営・整備やジュニア選手の育成・強化、国際的・全国的なスポーツ大会の誘致など、様々な事業に取り組んでいます。その中で、私はこれらの取組をより一層効果的に推進するために策定している「広島市スポーツ振興計画」の担当として、市民のスポーツ実施率の増加に向けた事業の検討などを行っています。
 スポーツには、人々の暮らしをより明るく活気に満ちたものにする力があります。この仕事の魅力は、スポーツの振興を通じて、市民の笑顔を増やし、市民の暮らしをより豊かなものにできるところだと思います。
 日々の仕事が全て市民の笑顔につながっていると考えると、どんな仕事にも前向きに取り組むことができます。

この仕事を選んだ理由

 公務員も会社員も、仕事を通じて人の役に立ち、社会貢献をしている点は同じだと思います。しかし、利益追求というしがらみがない中で、純粋に人々のために突き詰めて仕事ができるのは公務員だけだと思い、公務員を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 広島市は広島広域都市圏ひいては中四国地方の発展をけん引する存在として、「世界に誇れる『まち』広島」の実現を目指し、職員が一丸となって日々の業務に取り組んでいます。気概に満ちた皆さんとともに働ける日を楽しみにしています。

広報紙を通して、市民の方が行政に参加するきっかけを

  白岡 翔平 (平成24年度採用)

 白岡翔平の画像1 企画総務局広報課 主事

  配属歴:東区役所厚生部生活課(2年間)→現職2年目
  (※平成28年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 白岡翔平の画像2広報課は、行政情報を広報紙やテレビ、インターネットなどを通じて市民の方に発信しています。その中で、私は広報紙の作成を担当しています。広報紙は、まず記事の構成を決めて、次に取材をし、そしてパソコンで記事の作成をするというように、全て自分たちの手で作っています。より分かりやすい記事にするために、レイアウトや文章など工夫が必要なところはたくさんあります。私自身まだまだ覚えることがあって大変ですが、市民の方から反響があるとやっぱりうれしいですね。あと個人的には取材で様々な人と出会えるのも魅力の一つだと思います。
 広報紙を読んで、市民の方に少しでも行政に関心を持ってもらえるように頑張っています。

 

この仕事を選んだ理由

 行政も民間企業も、それぞれの立場で社会貢献をしていると思います。ですが、平和や福祉など、私たちの生活に直結している公共の福祉のために働けるのは公務員だけだと思い、公務員を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 広島市は、「世界に誇れるまち」になるために、職員一同が日々頑張っています。ぜひ広島市役所の一員になって、広島市をより良いまちにしていきませんか。一緒に働けることを楽しみにしています。

苦労の後には大きな達成感があります

  田中 沙季 (平成23年度採用)

 田中沙季の画像1 財政局税務部固定資産税課土地係 主事

  配属歴:安佐北区役所市民部課税課(2年間)→現職2年目
  (※平成27年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 田中沙季の画像2固定資産税は、土地・家屋などを所有している方に課する税金です。固定資産税課では、各市税事務所が資産を評価するために使用するシステムの運用や、市税事務所が行う事務の取り扱いを策定するなどの仕事を行っています。平成26年度、広島市では市税のシステムを新しくしましたが、私はこの仕事に携わり、システムを導入するに当たって、開発業者の方と協力しながら前のシステムで課題となっていたことが解決するように取り組みました。様々な角度から考えなければならないので、とても大変な仕事でしたが、在課年数の少ない私の意見が反映されることもあり、市税システムが実際に稼働した時には、とても感慨深いものがありました。

 

この仕事を選んだ理由

 就職先を考える際、自分自身がどんな人生を歩みたいか考え、家族のいる広島市で暮らしながら、仕事をしていきたいなと思いました。その中で、多くの人の役に立てる広島市役所の仕事に魅力を感じるようになりました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 広島市役所は、様々な種類の仕事があり、たくさんの人と出会うことができるとても魅力的な職場です。ぜひ、選択肢の一つにしていただき、一緒に広島市役所で働きましょう!