ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > よくある質問と回答 > 戸籍関係証明(戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄本・抄本)など)を郵送してもらうことはできますか。(FAQID-2246~2249・2290)

本文

ページ番号:0000014977更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

戸籍関係証明(戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄本・抄本)など)を郵送してもらうことはできますか。(FAQID-2246~2249・2290)

本籍が広島市の方は戸籍関係証明(戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄本・抄本)、除籍全部・個人事項証明書(除籍謄本・抄本)など)の証明書を郵送で請求できます。この場合は、以下のものが必要になります。

送付物

  1. 請求内容と請求者の住所・氏名と日中の連絡先電話番号を書いたもの(便箋などで結構です。)
    ※ 請求内容については、証明書の種類(戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄本・抄本)など)と通数、本籍、筆頭者氏名、証明に載せる人の氏名、使用目的(自分の戸籍でないとき)を書いてください。

    ※ 自分以外の者の戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄本・抄本)を請求する場合は、その事由を書いてください。なお、請求の目的が不当であることが明らかなときは交付できません。

    ※ 除籍全部・個人事項証明書(除籍謄本・抄本)については、請求できる人が限られていますので、予め請求先の区役所市民課、出張所へお問い合わせください。なお、除籍に記載されている者又はその配偶者、直系尊属・卑属は請求できます。
     
  2. 手数料分の定額小為替(郵便局で購入し、無記名のまま送付してください。切手や収入証紙、収入印紙では受付できませんので、ご注意ください。)
    ※ 手数料は戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄本・抄本)は1通450円、除籍全部・個人事項証明書(除籍謄本・抄本)及び平成改製原戸籍は1通750円です。

    ※ 定額小為替は、おつりが生じないように送付してください。
     
  3. 切手を貼った返信用封筒(住所・氏名も記入しておいてください。)
     
  4. 本人を確認できるもの(例えば、運転免許証、旅券、健康保険証など)の写し

以上の送付先は、【本籍地の区役所市民課又は出張所】です。
なお、郵送の申し込みを電話でお受けすることはできません。また、印鑑登録証明書は郵送での請求はできません。

関連情報

郵便による請求(戸籍・住民票・身分証明書など)

お問い合わせ先

区役所市民課、出張所