ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 国際交流課 > 平成30年度(2018年度)ひろしま国際協力事業研修員

本文

ページ番号:0000010667更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

平成30年度(2018年度)ひろしま国際協力事業研修員

研修員

ラオス ビエンチャン市 都市管理局固形廃棄物回収・運搬サービス 副所長

フォーパセウス・アクハボングサ(Mr. Phounpaseuth Akhavongsa) さん

研修期間

平成30年(2018年)6月29日~8月27日(60日間)

研修内容

ラオスの首都であるビエンチャン市は、急激な人口増加により、環境に負荷がかかり、家庭ごみ特に固形廃棄物処理の問題に直面しています。このため、広島市において、固形廃棄物の管理(回収、最終埋立地への運搬・管理)について主に学んだほか、公衆衛生、上下水道事業、都市計画等についての研修を受けました。

平和研修

平和記念資料館視察、平和記念式典参列、平和の鐘の集い参加(広島ユネスコ協会主催)を行いました。

市民との交流

ホームステイ(2泊3日)、国際ソロプチミスト広島-中央との交流などを行いました。

アクハボングサさんの今後の取り組み

アクハボングサさんは、今回の研修の成果を活かし、総合的な環境管理システムの策定を検討しています。

市長訪問の画像
市長訪問

ユネスコ「平和の鐘」の集い の画像
ユネスコ「平和の鐘」の集い

国際ソロプチミスト-中央との会合の画像
国際ソロプチミスト-中央との会合

環境局での研修の画像
環境局での研修