ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 介護予防・日常生活支援総合事業 > 介護予防・生活支援サービス事業 > 広島市介護予防・日常生活支援総合事業の報酬改定について(令和4年10月改定)

本文

ページ番号:0000216797更新日:2022年10月3日更新印刷ページ表示

広島市介護予防・日常生活支援総合事業の報酬改定について(令和4年10月改定)

 この度、令和4年4月14日に公布された「指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準等の一部を改正する告示」(令和4年厚生労働省告示第161号)第9条により、「介護保険法施行規則第140条の63の2第1項第1号に規定する厚生労働大臣が定める基準」(令和3年厚生労働省告示第72号)の一部が改正されたことから、本市においても令和4年10月1日から、広島市介護予防・日常生活支援総合事業のサービスのうち、訪問介護サービス、生活援助特化型訪問サービス、1日型デイサービス及び短時間型デイサービスに介護職員等ベースアップ等支援加算を新設しました。

 新設の加算等を含め、詳細については、下記ダウンロードに掲載している基準要綱及び別表にて確認してください。
 また、改定後のサービスコード表については、関連情報から確認してください。


関連情報

広島市介護予防・日常生活支援総合事業単位数サービスコード表及び単位数表マスタ

ダウンロード

01 広島市介護予防・日常生活支援総合事業の指定訪問・通所事業に要する費用の額の算定に関する基準要綱(令和4年10月改正) [PDFファイル/100KB]

02 別表1(単位数表)(令和4年10月改正) [PDFファイル/709KB]

03 別表2(1単位の単価) [PDFファイル/46KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)