ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2022年 > 3月 > 「広島市と浜田市及び美郷町との連携中枢都市圏形成に係る連携協約締結式」を執り行います

本文

ページ番号:0000272861更新日:2022年3月25日更新印刷ページ表示

「広島市と浜田市及び美郷町との連携中枢都市圏形成に係る連携協約締結式」を執り行います

ヘッダー画像

令和4年(2022年)3月25日(金曜日)
企画総務局広域都市圏推進課 課長:増谷
電話:504-2814 内線:2290

「広島市と浜田市及び美郷町との連携中枢都市圏形成に係る連携協約締結式」を執り行います

 広島広域都市圏(※1)では、“都市連盟”と言うべき強固な信頼関係の下、国の「連携中枢都市圏制度」を活用しながら、地域資源を圏域全体で活用する様々な施策を展開することで、圏域経済の活性化と圏域内人口200万人超の維持を目指す「200万人広島都市圏構想」の実現を図ることとしています。
 令和4年4月から、島根県浜田市及び美郷町が広島広域都市圏に参画することに伴い、本市と各市町において、下記のとおり連携協約(※2)締結式を執り行います。
 なお、邑南町についても、連携協約を締結予定となっていますが、同町議会の議決が3月29日を予定しているため、議決後、改めてプレスリリースします。

※1 広島広域都市圏は、広島県広島市、呉市、竹原市、三原市、三次市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、世羅町、山口県岩国市、柳井市、周防大島町、和木町、上関町、田布施町、平生町の12市13町で構成し、これまでも圏域の活性化に向けた取組を進めてきました。

※2 連携協約は、連携中枢都市となる広島市と連携市町となる圏域内市町が「連携中枢都市圏」を形成して取組を行うに当たっての基本的な方針や取組内容、役割分担を定めるものです。

 

1 日  時 令和4年 3月30日(水曜日) 15時00分〜15時30分

2 場  所 広島市役所本庁舎 10階 市長公室

3 出席者
   ・ 広島市 市長 松井 一實
   ・ 浜田市 市長 久保田 章市  
   ・ 美郷町 町長 嘉戸 隆 

4 次 第
 ⑴ 開式
 ⑵ 連携協約書の締結(協約書への署名)
 ⑶ 歓談
 ⑷ 記念撮影
 ⑸ 閉式

フッター画像