ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000008049更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

腸炎ビブリオ

1.特徴

海水や海底の泥の中に存在し、海水温が17℃を超えると急激に増殖します。
海水とともに海産魚介類に付着し、夏に多く発生する食中毒です。
殖する(菌が増える)速度がとても速い菌です。
海水中にいる菌なので真水に弱い菌です。

ビブリオの写真
(顕微鏡写真提供:広島市衛生研究所)

2.原因食品

海産魚介類(特に刺身や寿司等の生もの)

3.症状

潜伏期間:8~24時間

激しい腹痛、下痢。まれに嘔吐、発熱

4.予防方法

  • 魚介類は水道水(真水)でよく洗いましょう(真水に弱い)。
  • 冷蔵保管を徹底しましょう(菌が増える速度が速いので、食べる直前まで冷蔵保管しましょう)。
  • 冷蔵庫から出したらなるべく早く食べましょう
  • 購入した寿司や刺身等は、すぐに持ち帰り、冷蔵庫に入れ、早めに食べましょう。
  • アサリ等の貝の砂だしをする時は、容器にふたをしましょう(貝のふき水が他の食品にかからないようにしましょう)。
  • 魚介類専用の調理器具(包丁やまな板等)を準備・使用しましょう。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 食品保健課
電話:082-241-7434、082-241-7437/Fax:082-241-2567