ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000008047更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

サルモネラ

1.特徴

サルモネラはもともと、牛や鶏、豚などの動物の腸内に存在する細菌で、肉に加工する際、肉に付いてしまうことがあります。

また、鶏卵の表面や内部に菌が付いていることもあります(数千個~数万個に1個の割合で付いているとの報告があります)。

若齢者や高齢者等の抵抗力の弱い方は、少数の菌量でも発症する(症状がでる)ことがあり、特に注意が必要です。
乾燥に強い菌です。

サルモネラの顕微鏡写真
(顕微鏡写真提供:広島市衛生研究所)

2.原因食品

  • 鶏卵を使用した卵料理や生菓子
  • レバー刺し(鶏の生レバー)、とり刺し、鶏肉のたたき、鳥わさ等の生や半生で加熱不十分な肉

3.症状

  • 潜伏期間:8~48時間
  • 下痢、発熱(高熱になりやすい)、腹痛

4.予防方法

  • 卵は冷蔵保管し、期限内で早めに使用しましょう。
  • 卵を割ったら直ぐに調理して食べましょう(割り置きはやめましょう)。
  • 破卵やひび割れ等の異常がある卵は生で食べず、十分加熱しましょう。
  • 肉類や卵料理は十分に加熱しましょう(食品の中心温度が75℃、1分間以上の加熱)。
  • 生肉や生卵を扱った後はしっかり手を洗いましょう。
  • 生卵に使用した調理器具(ボールや泡立て器等)は使用後、早めに洗浄・消毒しましょう。

5.血清型

サルモネラには多くの種類があり、O(菌体)抗原とH(鞭毛)抗原の組合わせにより約2500種の血清型に分類され、それぞれ固有名が付けられています。

鶏卵や肉類等の食品のほか、自然環境やヘビやカメ、ネズミなどの動物からも検出され、食中毒のほかにペット等からの感染も報告されています。

下痢患者や食品、動物等から検出されるサルモネラの主な血清型(固有名)とその分類は下表のとおりです(太字は広島市で検出事例があるものです)。

O3,10に分類される血清型

  • S. Amsterdam
  • S. Anatum
  • S. Give
  • S. Lexington
  • S. Meleagridis
  • S. Orion
  • S. Weltevreden

O4に分類される血清型

  • S. Agona
  • S. Brandenburg
  • S. Bredeney
  • S. Chester
  • S. Derby
  • S. Eko
  • S. Essen
  • S. Fyris
  • S. Haifa
  • S. Hato
  • S. Heidelberg
  • S. Paratyphi B
  • S. Saintpaul
  • S. Schwarzengrund
  • S. Stanley
  • S. Typhimurium

O7に分類される血清型

  • S. Bareilly
  • S. Brenderup
  • S. Daytona
  • S. Gabon
  • S. Infantis
  • S. Inganda
  • S. Iruma
  • S. Isangi
  • S. Larochelle
  • S. Lille
  • S. Livingstone
  • S. Mikawasima
  • S. Montevideo
  • S. Ohio
  • S. Oranienburg
  • S. Oslo
  • S. Othmarschen
  • S. Paratyphi C
  • S. Potsdam
  • S. Richmond
  • S. Singapore
  • S. Somone
  • S. Tennessee
  • S. Thompson
  • S. Virchow

O8に分類される血清型

  • S. Albany
  • S. Bazenheid
  • S. Blockley
  • S. Chailey
  • S. Chincol
  • S. Corvallis
  • S. Duesseldorf
  • S. Emek
  • S. Haardt
  • S. Hadar
  • S. Herston
  • S. Istanbul
  • S. Kentucky
  • S. Litchfield
  • S. Manhattan
  • S. Muenchen
  • S. Nagoya
  • S. Narashino
  • S. Newport
  • S. Pakistan
  • S. Varginia
  • S. Yovokome
  • S. Zerifin

O2に分類される血清型

S. Paretyphi A

O9に分類される血清型

  • S. Dublin
  • S. Eastbourne
  • S. Enteritidis
  • S. Gallinarum
  • S. Javiana
  • S. Miyazaki
  • S. Naestved
  • S. Panama
  • S. Pullorum
  • S. Typhi

O1,3,19に分類される血清型

  • S. Krefeld
  • S. Liverpool
  • S. Senftenberg
  • S. Worthington

O13に分類される血清型

  • S. Havana
  • S. Vancouver

O16に分類される血清型

  • S. Gaminara
  • S. Hvittingfoss

O18に分類される血清型

S. Cerro

O39に分類される血清型

S. Champaign

外部リンク

食品等事業者の衛生管理に関する情報(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>
「(3)食品の食中毒菌汚染実態調査の結果」を参照

関連情報

ダウンロード

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 食品保健課
電話:082-241-7434、082-241-7437/Fax:082-241-2567

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)