ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 認知症 > 認知症 > 地域で見守るための「認知症サポーター養成講座」

本文

ページ番号:0000000805更新日:2020年3月5日更新印刷ページ表示

地域で見守るための「認知症サポーター養成講座」

まずは認知症についての正しい知識をもちましょう

ロバ隊長 地域や職場の人たちが「認知症」という病気について正しく理解し、認知症の人と家族が安心して地域で生活できるよう、日常生活の中でサポートできることはたくさんあります。

 本市では、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを進めるため、認知症の人やその家族を支援する「認知症サポーター」の養成を進めています。

 認知症サポーターには特別な職務はありません。認知症についての正しい知識を身に付け、日常生活や職場の中で認知症の人やその家族をサポートしましょう。

「認知症サポーター講座」の内容

認知症アドバイザーが講師となり、おおむね1~2時間で、次の内容について説明します。

講座を受講された方には、認知症の人を応援する目印として「オレンジリング」をお渡ししています。

準的な内容

  • 認知症の主な症状・関わり方
  • 認知症の人と接するときの心がまえ
  • 認知症介護をしている人の気持ちを理解する
  • 認知症サポーターの役割 など

オレンジリングの画像です
【オレンジリング】

「認知症サポーター養成講座」を開催するには

受講人数はおおむね5人以上です。開催を希望する日からおおむね2か月前までに、町内会や地域グループなどの団体からお申し込みください。会場は広島市内のみ対象となります。

開催団体の例
地域の人たちで 町内会、老人クラブ、子ども会、防災・防犯会、女性会、ボランティア団体、マンション管理組合 など
地域の企業・団体で 商工会議所、同業者組合、金融機関、スーパーマーケット、タクシー業、コンビニエンスストア、郵便局、公共交通機関 など
学校で 小学校、中学校、高等学校、大学、教職員、PTA など

 これらの団体以外でも、趣味の集まりや友人同士のグループなどで、講座を開催することもできますので、お住まいの地区を担当する地域包括支援センター又は認知症アドバイザーのいる施設にご相談ください。

お住まいの地区を担当する地域包括支援センターにご相談ください。

「認知症サポーター養成講座」の開催費用

 講師料などの講座開催にかかる費用は原則かかりません。ただし、会場費や資料代金等は、開催者の負担となります。

個人で「認知症サポーター養成講座」を受講するには

 個人で受講可能な認知症サポーター養成講座は、以下の日程で開催します。受講の希望がありましたら、以下の申込先にご連絡ください。(※一般参加受入人数に限りがありますので、あらかじめご了承ください。)

開催日 開催場所 申込期限 定員

一般参加
受入人数

申込先

令和2年7月9日(木)

10時00分~11時30分

東野公民館

安佐南区東野2丁目22番7号

令和2年7月9日(木)

※7月1日受付開始

25人 25人

東原・祇園東地域包括支援センター

(082-850-2220)

令和2年8月1日(土)

13時00分~14時00分

己斐上公民館

西区己斐上4丁目2番55号

令和2年7月25日(土) 20人 20人

己斐・己斐上地域包括支援センター

(082-275-0087)

令和2年8月1日(土)

15時00分~16時00分

己斐公民館

西区己斐中1丁目6番20号

令和2年7月25日(土) 20人 20人

己斐・己斐上地域包括支援センター

(082-275-0087)

 ※実費がかかる場合があります。

「認知症サポーター養成講座」に関する問い合わせ先

お住まいの地区を担当する地域包括支援センター又は地域包括ケア推進課(以下お問合わせ先)までご連絡ください。

関連情報



認知症とは
相談窓口・支援機関
認知症の人へのサービス
講座・研修
認知症カフェ
その他