ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > よくある質問と回答 > 戸籍全部事項証明と戸籍謄本はどう違うのですか。(FAQID-2246~2249・2289)

本文

ページ番号:0000015135更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

戸籍全部事項証明と戸籍謄本はどう違うのですか。(FAQID-2246~2249・2289)

証明書として、「戸籍全部事項証明書」と「戸籍謄本」は、名称が違うだけで同じものです。いずれも、戸籍の内容を省略することなく証明したものです。

戸籍事務を電算化している市町村は、「戸籍全部事項証明書」を交付しますが、電算化していない市町村は、「戸籍謄本」を交付します。

なお、同様に、「戸籍個人事項証明書」と「戸籍抄本」が同じものです。

広島市は、平成23年(2011年)6月から、戸籍事務を電算化しました。

関連情報

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)にはどんなことが載っているのですか。戸籍個人事項証明書とはどう違うのですか。(FAQID-2246~2249・2289)