ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > よくある質問と回答 > 他市町村の戸籍証明が欲しいのですが、郵送で請求できますか(FAQID-2246~2249・2289)

本文

ページ番号:0000015055更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

他市町村の戸籍証明が欲しいのですが、郵送で請求できますか(FAQID-2246~2249・2289)

戸籍関係証明(戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄本・抄本)など)は、本籍のある市区町村の窓口で発行される証明書です。

本籍が広島市以外の場合は、広島市の窓口では発行できませんので、本籍地の市区町村役場へ請求してください。

手数料が必要です。手数料は各市区町村によって異なる場合がありますので、必ず事前に請求先の市区町村役場へご確認ください。

なお、広島市の区役所又は出張所へ、郵便により各種証明書を請求する場合は、本人を確認できるもの(例えば、運転免許証、旅券、健康保険証など)の写しを同封していただくようにお願いしています。請求先の市町村で、このようなことがないかどうかも、合わせてご確認ください。詳しくは、「本人確認について」をご覧ください。

参考

 郵送で請求する際は、以下のものを本籍のある市区町村へ送付してください。

  1. 申請書(便箋等に以下の項目を記入してください)
    1. 欲しい戸籍の内容(本籍・筆頭者氏名・証明に載せる人の氏名)
    2. 欲しい証明書の種類(戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄本・抄本)など)と通数
    3. 請求者の氏名・住所及び日中連絡の取れる電話番号
    4. 請求者と必要な戸籍との関係(証明の必要な人や筆頭者との関係)
    5. 使用目的
  2. 定額小為替(手数料の金額分を郵便局で購入し、無記名のまま送付してください。切手や収入証紙、収入印紙では受付できませんので、ご注意ください。)
  3. 返信用封筒(宛先に請求者の住所を記入し、切手を貼ったもの)
  4. 本人確認できるものの写し

お問い合わせ先

 本籍地の市区町村