ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > よくある質問と回答 > 住民票コードについて知りたい。(FAQID-2246~2249・2290)

本文

ページ番号:0000015014更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

住民票コードについて知りたい。(FAQID-2246~2249・2290)

住民票コードは、平成14年8月5日から稼働した「住民基本台帳ネットワークシステム」の構築にあたり、住民基本台帳法に基づき、新たに住民票の記載事項とされたもので、個人に付される11桁の数字です。

住民票コードは何に使うのですか

各行政機関で申請や届出をされる際に、本人確認のために、住民票コードを求められることがあります。
例えば、年金事務所で、年金の請求の手続きの際に利用されています。これにより、住民票の写しの添付が不要になる場合があります。

住民票を取るときに住民票コードは必要ですか

必要ありません。

住民票コードが分からなくなってしまったら、どうしたらいいのですか

電話などでの照会にはお答えできませんので、住民票コードが記載された住民票の写しを請求していただきます。
この場合、ご本人が(同一世帯員を含む)が、本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)を持参して、請求する必要があります。

住民票コードの変更はできますか

できます。本人(あるいは法定代理人)に限り、お住まいの区の【区役所市民課】、【出張所】で変更ができます。郵送による請求も可能です。
ただし、希望の数字にすることはできませんのでご了承ください。
変更する際は、運転免許証、健康保険被保険者証など決められた本人確認のための書類が必要です。なお、変更後の住民票コードは、通知書の郵送でお知らせします。

民間企業も住民票コードを使うのですか

住民基本台帳法で住民票コードの民間利用は禁止されています。
したがって、住民票コードを問われても、答える必要はありません。