ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > よくある質問と回答 > 住所変更したときの住基カード、マイナンバーカード(個人番号カード)の手続について知りたい。(FAQID-2246~2249・2290)

本文

ページ番号:0000015001更新日:2020年6月19日更新印刷ページ表示

住所変更したときの住基カード、マイナンバーカード(個人番号カード)の手続について知りたい。(FAQID-2246~2249・2290)

広島市内で住所変更があった場合

マイナンバーカード(個人番号カード)、住基カードをお持ちのとき
 ご本人又は同一世帯の方が、各カードを持参して管轄の区役所市民課又は出張所で、届出をしてください。
 なお、届出は、住民異動届(住民票の住所変更の届出)の際に合わせて行うと二度手間にならず便利です。
 また、その他、氏名などの記載内容に変更があった場合も同様に届け出てください。
 ※マイナンバーカード、住基カードは、どの届出においても暗証番号の入力が必要です。

市外へ転出する場合

1 マイナンバーカード又は住基カードをお持ちのとき

転出される際、マイナンバーカード又は住民基本台帳カードをお持ちの方は「転入届の特例」の適用を受けることができます。「転入届の特例」とは、従来は来庁または郵送により転出届出を行い、その際交付される「転出証明書」を転入地の市区町村に持参し、転入手続きを行っていただいていましたが、その「転出証明書」の交付を受けることなく、マイナンバーカードを使って手続きを行う方法です。
 詳しくは、「マイナンバーカードを所持している方の転出・転入手続き(転入届の特例)」をご覧ください。

2 通知カードをお持ちのとき

 国外への転出届のときには、お持ちください。その旨を記載します。
 市外への転出届のときには、お持ちいただく必要はありません。

公的個人認証サービス(署名用電子証明書)について

 マイナンバーカード又は住基カードで、公的個人認証サービス(署名用電子証明書)を利用されているとき、住所の変更があった場合には、自動的に署名用電子証明書は失効します。
 引き続き、署名用電子証明書を必要とされる方は、申請が必要です。
 ただし、住基カードの署名用電子証明書の更新は、平成27年12月で終了し、更新できませんので、マイナンバーカードを取得する必要があります。
 マイナンバーカードについては、総務省ホームページ<外部リンク>及びマイナンバーカード総合サイト<外部リンク>をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ先

区役所市民課・出張所