ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000008203更新日:2021年2月16日更新印刷ページ表示

広島市食中毒発生状況まとめ(平成23年~令和2年)

【食中毒発生状況まとめ】
令和2年
過去のまとめ
(別ページ)
平成31年・令和元年 平成30年 平成29年
平成28年 平成27年 平成26年
平成25年 平成24年 平成23年

令和2年 広島市食中毒発生状況

目次

1 概要
2 病因物質別にみた発生状況
3 月別にみた発生状況
4 原因施設別にみた発生状況
5 原因食品別にみた発生状況

1 概要

食中毒発生状況の年次推移

事件数は8件(対前年比33.3%増)、患者数は88人(対前年比83.3%増)で、平成31・令和元年と比較するといずれも増加した(図1)。

図1 年次別食中毒の事件数・患者数
図1 年次別食中毒の事件数・患者数(※)
※  「原因施設が『家庭・不明』であり、かつ病因物質が『自然毒・寄生虫以外』」のものを含まない。

食中毒事件の概要

本市では平成27年以来、5年ぶりにヒスタミンによる食中毒事件が発生した(表1)。

表1 令和2年 食中毒事件の概要
表1 令和2年 食中毒事件の概要

2 病因物質別にみた発症状況

事件数について

事件数8件の病因物質別の内訳は、ノロウイルス、カンピロバクター、アニサキスによるものが各2件、ヒスタミン及び病因物質不明が各1件であった(図2-1)。

図2-1 病因物質別にみた事件数
図2-1 病因物質別にみた事件数

患者数について

患者数88人のうち、ヒスタミンによる患者数が42人と約半数を占めた。一方、ノロウイルスは21人、カンピロバクターは7人であった(図2-2)。

図2-2 病因物質別にみた患者数
図2-2 病因物質別にみた患者数

3 月別にみた発生状況

事件数及び患者数の月別推移

5月から8月にかけての夏季には食中毒の発生が無かった。患者数については、12月に「保育所」で発生した42人が最多であった(図3)。

図3 月別発生状況
図3 月別発生状況

病因物質別の月別推移

アニサキスによるものが9月に2件続けて発生し、ヒスタミンによるものが12月に1件発生した(図4)。

図4 病因物質別事件数の月次推移
図4 病因物質別事件数の月次推移

4 原因施設別にみた発生状況

原因施設別の事件数は、「飲食店」が6件、「販売店」が1件、「保育所」が1件であった(表2)。

表2 原因施設別にみた発生状況
表2 原因施設別にみた発生状況

5 原因食品別にみた発生状況

原因食品別の事件数は、魚介類を原因としたものが3件、食事のみ特定したものが5件であった(表3)。

表3 原因食品別にみた発生状況
表3 原因食品別にみた発生状況

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 食品保健課
電話:082-241-7434/Fax:082-241-2567