ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2022年 > 3月 > 新たな広島の観光ホームページが公開されます!ひろしま公式観光サイト「Dive! Hiroshima」

本文

ページ番号:0000271222更新日:2022年3月24日更新印刷ページ表示

新たな広島の観光ホームページが公開されます!ひろしま公式観光サイト「Dive! Hiroshima」

ヘッダー画像

令和4年(2022年)3月24日(木)
              経済観光局観光政策部観光プロモーション担当
                      課長:山口 芳明 (担当:鬼村)
電話:504-2755
内線:3120

 

ロゴ
新たな広島の観光ホームページが公開されます!

ひろしま公式観光サイト「Dive! Hiroshima」

1 ひろしま公式観光サイト「Dive! Hiroshima」について

  この度、本市が運営している「広島広域観光情報サイト ひろたび(多言語:Explore HIROSHIMA)」と、一般社団法人広島県観光連盟(以下、「観光連盟」という。)が運営している「広島県公式観光サイト ひろしま観光ナビ(多言語:Visit Hiroshima)」を統合し、新たに「ひろしま公式観光サイト Dive! Hiroshima」を公開します。このサイトは、構築・運営ともに、観光連盟と共同で取り組みます。
⑴ サイト概要

 

運営主体

広島市と観光連盟の共同運営

ドメイン

https://www.dive-hiroshima.com<外部リンク>

対応言語

日本語、英語、フランス語、ドイツ語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、タイ語 <計8言語>

掲載内容

広島周辺地域のイベント、スポット、体験、ニュース、交通等に係る観光情報及び修学旅行等に係る事業者向け観光情報

観光情報を発信する地域

広島県全市町、山口県、愛媛県、島根県の一部市町 <計18市17町>

⑵ 公開日時
   令和4年3月24日(木)

2 新サイトの主な特徴

⑴ 変化するデザイン
   季節等によって、サイトの配色やロゴが変化したり、広島を感じられる遊び心が施されています。
ロゴ

⑵ 新たな視点のモデルコース「もしもトラベル」
 「もしも、〇〇が▲▲に広島を案内するなら~」をテーマに、案内人と訴求したい相手を明確にしたモデルコース。公開時には10本の記事を公開する予定です。アカデミー賞®4部門にノミネートされた映画「ドライブ・マイ・カー」を含む、広島のロケ地巡りコースもあります!
 (例)
 「もしも、国内外を飛び回ってきた客室乗務員が、広島空港を飛び立つ前の観光客に広島の逸品・銘品おもてなしツアーを案内するなら」
 「もしも、広島フィルムコミッションの西崎さんが、映画好きに広島のロケ地ツアープランを案内するなら」

⑶ 旅のしおり
 サイト内の気になるスポットや体験を「お気に入り」し、自分だけのリスト(旅のしおり)を作成できる機能。作成したリストは、友人や家族にシェアしたり、SNS等を通して発信することができます。
旅のしおり

⑷ 旅の事前相談窓口(準備中)
 広島観光の行程について、オンライン会議ツールを使って、広島で活動するガイド等に直接相談できる機能。公開時点では、日本語のみ対応ですが、将来的に、多言語での対応も想定します。

フッター画像