ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > ごみ・環境 > 環境保全 > 環境保全 > 環境影響評価(環境アセスメント) > (仮称)駅前大橋線軌道建設事業に係る環境影響評価書について市長意見を述べる必要がないと認める旨の通知

本文

ページ番号:0000280800更新日:2019年11月8日更新印刷ページ表示

(仮称)駅前大橋線軌道建設事業に係る環境影響評価書について市長意見を述べる必要がないと認める旨の通知

広環保第320号
令和元年11月8日

広島市長 松井 一實 様(都市整備局都市計画課)

広島市長 松井 一實(環境局環境保全課)

(仮称)駅前大橋線軌道建設事業環境影響評価書について(通知)

令和元年10月28日付けで提出のあった(仮称)駅前大橋線軌道建設事業環境影響評価書について、環境の保全の見地からの意見を述べる必要がないと認められるので、広島市環境影響評価条例(平成11年広島市条例第30号)第35条第2項の規定により読み替えて適用される第20条第2項の規定により通知します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


騒音・振動
悪臭
水質
土壌汚染
放射線
環境保全関係の届出様式
公害防止管理者等
公害紛争処理制度
よくある質問