ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > ごみ・環境 > 環境保全 > 環境保全 > 環境影響評価(環境アセスメント) > JR可部線電化延伸事業に係る環境影響評価評価書について市長意見を述べる必要がないと認める旨の通知

本文

ページ番号:0000280029更新日:2014年2月21日更新印刷ページ表示

JR可部線電化延伸事業に係る環境影響評価評価書について市長意見を述べる必要がないと認める旨の通知

広環保第396号
平成26年2月21日

西日本旅客鉄道株式会社 代表取締役社長 真鍋 精志 様

広島市長 松井 一實(環境局環境保全課)

JR可部線電化延伸事業に係る環境影響評価書について(通知)


 広島市環境影響評価条例(平成11年広島市条例第30号)第20条第2項に基づき、平成26年1月27日付けで提出のあった環境影響評価書に対しては、環境の保全の見地からの意見を述べる必要がないことを通知します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


騒音・振動
悪臭
水質
土壌汚染
放射線
環境保全関係の届出様式
公害防止管理者等
公害紛争処理制度
よくある質問