ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 健康福祉局 > 健康福祉局 保健部 保険年金課 > 帰還者の援護

本文

ページ番号:0000003072更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

帰還者の援護

 未帰還者が外地から引揚げてくる場合、帰国旅費を負担することが困難であると認められたとき、国から帰国旅費や帰還手当、帰郷旅費が支給され、上陸地(検疫所)にて引揚証明書が交付されます。

運賃

 負担能力のない方から申請があった場合、国が船運賃や航空運賃の実費を負担します。この場合、留守家族の方にあらかじめ手続きをしていただきます。

自立支度金

 大人162,400円、小人81,200円が国から支給されます(韓国からの引揚者を除く)。少人数世帯加算1.0人~2.0人 161,500円、2.5人~3.5人 80,350円

帰郷旅費

 全額実費で支給します。

相談

 県社会援護課(電話 082-513-3036)

根拠規程

 未帰還者留守家族等援護法など

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 保険年金課 管理係
電話:082-504-2159/Fax:082-504-2135
メールアドレス:shahonen@city.hiroshima.lg.jp