ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000172560更新日:2022年7月11日更新印刷ページ表示

知って防ごう食中毒~大量調理施設事業者向け~

 食中毒の原因となるものは、細菌、ウイルス、自然毒、化学物質、寄生虫などさまざまですが、湿度や温度が高い夏場は細菌が増えやすい時期であるため、特に細菌性食中毒に注意が必要です。

 そこで、夏場の細菌性食中毒の発生を防ぐため、その予防対策や過去の発生事例をまとめた資料と説明動画を作成しました。
 また、掲載資料では、毎年患者数が最も多いノロウイルス食中毒や、近年多発しているウエルシュ菌、カンピロバクター菌による食中毒にも触れています。

 この資料は、給食施設などの大量調理施設事業者の皆さまに向けて作成していますが、一般の飲食店や食品製造業の皆さまにも活用していただける内容です。

 資料と動画をご覧いただき、食中毒予防対策を徹底し、食中毒の発生を防ぎましょう。

ダウンロード

知って防ごう食中毒~大量調理施設事業者向け~ [PDFファイル/1.79MB]

資料説明動画

 動画掲載期間:令和4年10月まで)

このページに関するお問い合わせ先

広島市保健所 食品指導課 電話:082-241-7404

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)