ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000133575更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

高潮浸水想定区域図について

 

高潮とは

  高潮は、台風などによる気圧の低下や強風で海面が上昇しておきる水害です。

 広島湾は高潮の起こりやすい南に開かれたU字形の湾形で、しかもデルタ市街地の大半は低地帯であるため、満潮時と台風が重なると、大きな浸水被害が発生する危険性があります。

 このため、国や県が護岸を高くしたり補強に取り組んでいますが、沿岸部では高潮に十分注意する必要があります。

 

高潮浸水想定区域図とは 

 高潮浸水想定区域図は、広島県が、台風の高潮による浸水が発生した場合のシュミレーションを行い、その結果として得られた浸水区域と浸水深を地図上に反映させたものです。
 具体的な高潮による浸水が想定される区域は、30年間で1回起こりうる波浪規模を想定したものと、戦後わが国を襲った最大級の台風規模を想定したものの2種類が公表されています。 

 これらの高潮浸水想定区域は、「高潮・津波災害ポータルひろしま<外部リンク>」で確認できます。

 

過去に発生した高潮による浸水について

 近年、台風の高潮により浸水した区域については、以下のリンク先よりご確認いただけます。

 広島市ホームページ → 「広島市の台風における高潮浸水区域図