ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000159251更新日:2021年1月18日更新印刷ページ表示

紙屋町まちかどピアノ

紙屋町まちかどピアノ

 

新型コロナウイルス感染拡大防止対策の徹底のお願い

 ご利用に当たっては、以下のことを守ってください

  • マスクの着用
  • 演奏前後の手指消毒(手についた消毒液はよく乾かしてから弾いてください。アルコール消毒液は使用不可)
  • 演奏を聴かれる方同士の十分な距離の確保(最低2m)

 接触や飛沫による感染防止のため、以下の行為はお止めください

  • 歌唱(マスクを着用していても、歌唱・弾き語りはお止めください)
  • 他楽器との合奏
  • 連弾

 

「紙屋町まちかどピアノ」とは

 中区では、紙屋町シャレオの賑わいの創出と、市民や来訪者が気軽に音楽を楽しみ、まちのいたるところで音楽が流れる「音楽のあふれるまちづくり」の実現を目指すため、いわゆるストリートピアノ「紙屋町まちかどピアノ」を紙屋町シャレオに設置しました。
 広島市内の公共空間では初となる常設のストリートピアノで、いつでも誰でも自由に弾いていただけます。

ピアノの歴史

 昭和42年製のグランドピアノで、もともとは「純音楽茶房ムシカ」(令和2年3月末で閉店)で使われていたものです。
 中区胡町で店を構えていた当時、たくさんの人々の歌声とともに音楽を奏でてきた貴重なピアノが、このたびストリートピアノ「紙屋町まちかどピアノ」として新しく生まれ変わりました。
 ぜひ、市民や来訪者の皆さんの手で、再び広島の街に音色を響かせてください。
ムシカ

ピアノのデザイン

 第37回全国都市緑化ひろしまフェア「ひろしま はなのわ 2020」(令和2年3月19日~令和2年11月23日開催)のメインビジュアルである花のイラストを使用し、「花と緑と音楽があふれるまち・広島」を感じることができるデザインとしました。
 弾くだけでなく、見るだけでも華やかな気持ちになる、花いっぱいのピアノです。
ピアノデザイン

オープニングセレモニー

 「紙屋町まちかどピアノ」の設置を記念して、紙屋町シャレオ中央広場でセレモニーを開催しました。
 除幕式や一般招待客による演奏のほか、記念演奏として、広島で活躍するインストゥルメンタルユニット「大瀬戸千嶋」の二人が、この日のために作曲したオリジナル曲「Piano Square」を披露しました。
 セレモニーの様子(動画)は、以下のリンク先から見ることができます。
 ○セレモニーの動画へのリンクはこちら<外部リンク>
 ○大瀬戸千嶋による記念演奏「Piano Square」動画(フルバージョン)はこちら<外部リンク>
セレモニー除幕式一般演奏

利用について

 ○設置場所:紙屋町シャレオ東中広場
シャレオマップ
 
 ○利用時間:午前6時~深夜0時(シャレオ通行可能時間)
  ※イベント開催など、ピアノを利用できない日時もありますのでご了承ください。

 ○貸切利用もできます。詳しくは「紙屋町シャレオ」のホームページでご確認ください。
  紙屋町シャレオのホームページはこちら<外部リンク>

利用上の注意

  1.  「紙屋町まちかどピアノ」は、行き交う人誰もが自由に演奏し、音楽に親しんでもらえることを目指しています。演奏する方は、まわりの皆さんと一緒に音楽を楽しむ心を持ち、独占することなく、節度を守った演奏をしましょう。
  2.  商業的な聴衆を集めての演奏や、他の楽器を持ち込んでの合奏はご遠慮ください。
  3.  設置場所は公共の地下歩道です。管理者が通行に支障をきたすと判断した場合には、演奏や利用を中止することがあります。

 


生活情報

各種証明書等の取得方法はこちら

中区区長メッセージ

広報ひろしま

イベントカレンダー

中区の動画のリンクの画像<外部リンク>

公式Facebook<外部リンク>