ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:1000217931更新日:2022年3月14日更新印刷ページ表示

ブレスト・アウェアネスで乳がんを早期発見!

→「女性のための健診情報」に戻る

早期発見が鍵です!乳がんの自己検診をしましょうの画像

自分の乳房の状態に日頃から関心を持ち、乳房を意識して生活することを「ブレスト・アウェアネス」といいます。

乳房の変化を感じたら早期に医療機関を受診しましょう。

ブレスト・アウェアネスの4つのポイント

1.自分の乳房の状態を知る

入浴やシャワーの時、着替えの時、ちょっとした機会に自分の乳房を見て、触って、感じてみましょう。入浴の際に、石鹸を付けて撫で洗いをするのもいいでしょう。

「いつもと変わりがないかな」という気持ちで自分の乳房を意識する時間を持ちましょう。

 

2.乳房の変化に気を付ける

変化として注意するポイント

□ 乳房のしこり

□ 乳房の皮膚のくぼみや引きつれ

□ 乳頭からの分泌物

□ 乳頭や乳輪のびらん        など

 

3.変化に気付いたらすぐ医師に相談する

乳房の変化(しこり、皮膚の凹みや血性の乳頭分泌物など)は、乳がんの症状の可能性があります。変化に気付いたらすぐに医師に相談しましょう。早期の治療であれば、治る可能性が高くなります。また、治療方法が軽くなり、体の負担や、費用が少なくなります。

 

4.40歳になったら2年に1回乳がん検診

近年、日本人女性の9人に1人が乳がんにかかると言われています。40~60歳代はとくに乳がんにかかりやすい年齢です。

40歳以上の女性は2年に1回、定期的に検診を受けましょう。

また、周囲の大切な方に乳がん検診の受診を呼びかけてみてください。

 

ブレスト・アウェアネスで乳がんを早期発見(リーフレット) [PDFファイル/574KB]

→「女性のための健診情報」に戻る

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


元気じゃ健診・がん検診の内容はこちら

女性におすすめのけんしん情報

元気じゃ健診(特定健診)
骨粗しょう症検診