ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 原爆・平和 > 核兵器廃絶を目指した取組の推進

本文

ページ番号:0000245083更新日:2021年10月6日更新印刷ページ表示

核兵器廃絶を目指した取組の推進

1 核兵器廃絶に向けた国内外の世論の醸成

(1)国内外での原爆・平和展の開催

ア 海外原爆・平和展の開催<外部リンク>

原爆展被爆50周年の平成7年(1995年)から、被爆の実相を伝え、核兵器廃絶に向けた国際世論を醸成するため、被爆資料や写真パネルの展示、被爆体験証言等を内容とする海外での原爆展を開催している。
令和3年(2021年)度は、オーストラリア・シドニー及びフリマントル市で開催する。

 

イ 国内原爆・平和展の開催<外部リンク>

被爆の実相を伝え、核兵器廃絶に向けた世論を醸成するため、平成8年(1996年)から、毎年国内1~5都市程度で被爆資料及び写真パネルの展示、被爆体験証言等を内容とする原爆展を開催している。平成31年(2019年)度は、徳島県徳島市、鳥取県鳥取市、千葉県市川市で開催した。

ウ 東京オリンピック・パラリンピックに合わせたヒロシマ・ナガサキ原爆・平和展の開催<外部リンク>

国内外から多くの人が訪れる東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催の機会を捉えて、被爆の実相を伝え、核兵器廃絶の国際世論を醸成するため、期間中に東京と文京区、千代田区及び埼玉県飯能市において原爆・平和展を開催した。

エ 国内外での原爆展・平和学習資料の貸出・提供<外部リンク>

被爆の実相を国内外に伝え、平和への意識を高めるため、原爆写真ポスター・パネル及び原爆記録映画等の資料を貸出・提供している。

(2)「広島・長崎講座」設置協力プログラム

被爆の実相や被爆者の核兵器廃絶への願いを若い世代に伝えていくため、国内外の大学及び大学院において原子爆弾による被害や核兵器の非人道性、平和の尊さなどを学術的に学ぶことのできる講座を「広島・長崎講座」<外部リンク>として認定し、その普及を広く図るとともに、講師派遣や資料提供などの支援を行っている。

(3)国内ジャーナリスト研修

ローカル紙等のジャーナリストを対象に、被爆の実相や被爆地広島の課題、核兵器を巡る世界情勢等について総合的、体系的に学ぶ研修プログラムを開設し、研修の成果を報道や論説活動等を通じて広く発信している。

(4)迎える平和の推進

ア ローマ教皇の広島訪問

Pope令和元年11月24日、ローマ教皇フランシスコが、1981年のヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶりに広島を訪れた。ローマ教皇は、原爆死没者慰霊碑に献花した後、被爆者から直接体験証言を聴き、被爆の実相と被爆者の平和への思いに触れていただいた上で、「この場所のすべての犠牲者を記憶にとどめます。」、「思い出し、ともに歩み、守ること。この三つは、倫理的命令です。」と被爆地から世界に向けて平和のメッセージを発信された。

イ オバマ米国大統領の広島訪問<外部リンク>

Obama平成28年(2016年)5月27日、オバマ米国大統領が、現職の米国大統領として初めて、広島を訪れた。オバマ大統領には、広島平和記念資料館の視察や原爆死没者慰霊碑への献花などを通じて、被爆の実相に触れ、被爆者の思いを受け止めていただいた。演説では、「私自身の国と同様、核を保有する国々は、恐怖の論理から逃れ、核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければならない」と、「核兵器のない世界」に向けた決意が改めて表明された。

ウ G7広島外相会合の開催

G7G7外相会合は、サミットに合わせて開催される関係閣僚会合の一つで、直近の国際情勢について外相間で議論を行い、その後の首脳会合での議論の基礎ともなる重要な会合であり、平成28年(2016年)5月の伊勢志摩サミットに先立ち、4月10日、11日に、広島で開催<外部リンク>された。
G7各国外相には、広島平和記念資料館の見学や、原爆死没者慰霊碑への献花などを通じて、被爆の実相に触れ、平和への思いを共有していただくことができた。

エ 国連軍縮会議等の開催

軍縮会議平成29年(2017年)11月に、核保有国や核兵器禁止条約推進国を含む幅広い国の政府高官及び軍縮問題の有識者等が参加する「第27回国連軍縮会議in広島」<外部リンク>が開催され、様々な立場から核軍縮について議論を行った。また、国連軍縮会議に先立ち同月に日本政府の主催で「核軍縮の実質的な進展のための賢人会議第1回会合」が本市で開催された。

(5)核実験に対する抗議

広島市は、昭和43年(1968年)以降、核実験の実施国に対し、抗議文を送付し続けている。また、核実験のほか、核兵器をめぐる様々な問題等に関し、抗議や要請を行っている。

2 平和首長会議の充実強化

(1)平和首長会議の活動展開

MfP平和首長会議<外部リンク>では、核兵器を廃絶し、人類の共存が持続可能となることにより、あらゆる人が永続的に平和を享受できる世界、すなわち「世界恒久平和」を実現するため、市民が連帯する都市を創造するとの観点から、「持続可能な世界に向けた平和的な変革のためのビジョン(略称:PXビジョン)」及び「平和首長会議行動計画(2021年-2025年)」を令和3年(2021年)7月の第12回理事会で策定した。平和首長会議の加盟都市は、核兵器のない平和な世界を実現するため、ビジョンの下で、行動計画に掲げる取組を展開している。
また、核兵器禁止条約の早期締結を求める署名活動に取り組み、これまで約312万筆の署名(*)(令和3年(2021年)9月1日現在)が寄せられている。平成31年(2019年)4月の2020年NPT再検討会議第3回準備委員会では、そのうち約12万筆の署名目録を中満国連事務次長兼軍縮担当上級代表に提出した。
(*)2010年12月から取り組んできた「核兵器禁止条約」の交渉開始等を求める市民署名活動で集まった署名を含む。
さらに、平和首長会議国内加盟都市として、平成24年(2012年)から毎年、日本政府に対し核兵器廃絶に向けた取組の推進に関する要請文を提出している。

(2)第10回平和首長会議総会の開催

核兵器平絶と世界恒久平和の実現に向けて、平和首長会議の加盟都市が集い、重要な事項を議決・承認する平和首長会議総会を原則として4年に1回開催している。
第10回総会は、令和2年(2020年)8月に広島で開催予定であったが、新型コロナウイルスの感染拡大により令和4年(2022年)8月を目途に延期し、平和首長会議設立40周年記念を兼ねて開催する方向で調整している。

(3)平和首長会議インターンシップ

平和首長会議事務局の業務の充実を図るとともに、加盟都市の核兵器廃絶に向けた活動の充実と連携強化を図るため、国内外の平和首長会議加盟都市の若手職員等をインターンとして招へいし、業務に従事してもらっている。

3 平和文化セミナー「わかるとかわる!核兵器禁止条約」

平和文化セミナー核兵器禁止条約の発効を機に、市民一人一人が日常生活の中で平和について考え行動する平和文化の振興を図る取組として、「平和文化セミナー『わかるとかわる!核兵器禁止条約』~『知る』ことから『行動』へ」を令和3年(2021年)5月にオンラインで実施した。

 

 

4 平和宣言の作成・発信

平和宣言<外部リンク>毎年8月6日に行う平和記念式典で、核兵器廃絶を願うヒロシマの思いを訴えるため、広島市長が「平和宣言」を世界に向けて発表している。この平和宣言を広く普及するため、和英文の平和宣言を各国在日大使館や国連各国代表部、平和首長会議加盟都市等へ送付するとともに、和文及び9か国語に翻訳した平和宣言をインターネット等を通じ広く世界に発信している。

5 国際平和シンポジウムの開催<外部リンク>

市民の平和意識醸成などを目的に、国内外から核問題等の専門家を招き議論するためのシンポジウムを長崎市と隔年で開催しており、令和3年(2021年)度は広島市で開催し、オンラインで配信した。

6 国連軍縮フェローズの受入れ

各国政府の軍縮専門家の育成を目的に国連が実施する「国連軍縮フェローシッププログラム<外部リンク>」の参加者を、昭和58年(1983年)から受け入れ、被爆の実相等について理解を深めるための研修を実施している。

7 青少年「平和と交流」支援事業

核兵器廃絶と世界恒久平和の実現のための人材育成と平和首長会議加盟都市間のネットワークの強化を図るため、国内外の加盟都市の青少年に対し、被爆地広島で体験や交流を行う機会を提供している。

8 国連見学ツアーガイド等のヒロシマ研修

常設の原爆展を開設している国連の見学ツアーガイド等を広島に招へいし、被爆の実相を理解するための研修を実施している。

9 NPT再検討会議等への高校生派遣事業

核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けた平和活動を担う次代のリーダーを育成することを目的として、NPT再検討会議及びその準備委員会に、広島で平和活動に取り組んでいる高校生を派遣し、核兵器を巡る国際情勢を学ぶとともに、様々な場でヒロシマのメッセージを発信する機会を提供している。