ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 文化スポーツ部 文化振興課 > 阿刀神楽調査検討会議

本文

ページ番号:0000253552更新日:2021年11月25日更新印刷ページ表示

阿刀神楽調査検討会議

1 目的

 広島県重要無形民俗文化財に指定されている阿刀神楽(昭和55年12月に国の記録作成等の措置を講ずべき無形民俗文化財(※)に選択)の国の重要無形民俗文化財指定検討に当たって、学識経験者等から幅広く意見を聴取し、調査報告書の取りまとめの一助とするため。

※国の記録作成等の措置を講ずべき無形民俗文化財…文化庁が変容・衰退の恐れが高い無形の民俗文化財を選択し、映像・報告書 による記録保存の助成をしている。

2 設置根拠

阿刀神楽調査検討会議開催要綱

3 委員名簿

阿刀神楽調査検討会議 委員一覧

役職

氏 名

専門分野

所属等

委員

青木 孝夫

美学

広島大学名誉教授

委員

秋山 伸隆

日本中世史学

広島県立大学名誉教授

広島市文化財審議会委員

広島県文化財保護審議会委員

山口県文化財保護審議会委員

委員

小原 清

民俗学

民俗芸能学会会員

山口県地方史学会会員

委員

片桐 功

民俗音楽学

エリザベト音楽大学名誉教授

広島市文化財審議会委員

委員

高野 宏

人文地理学

岡山大学大学院准教授

委員

藤原 宏夫

民俗学

島根県立古代出雲歴史博物館専門学芸員

益田市文化財保護審議会委員