ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康・衛生 > 食品衛生 > 食品衛生に関すること > 食品営業者のみなさまへ > 飲食店等での食中毒予防 > 真空パック詰食品(容器包装詰低酸性食品)のボツリヌス菌食中毒対策について

本文

ページ番号:0000191739更新日:2020年10月30日更新印刷ページ表示

真空パック詰食品(容器包装詰低酸性食品)のボツリヌス菌食中毒対策について

ボツリヌス菌は密封された食品の中で増殖し、命にかかわる食中毒を引き起こします。
次の1~3のすべてに当てはまる容器包装詰低酸性食品は、ボツリヌス菌食中毒の対策が必要です。

事故を起こさないために、もう一度自社製品の対策を確認してください。

1.容器包装に密封されている

2.pHが4.6を超える

3.水分活性が0.94を超える

※なお、120℃4分以上又は同等の加熱加圧殺菌がなされ、「レトルトパウチ食品(容器包装詰加圧加熱殺菌食品)」と表示されているものは除きます。

ボツリヌス菌食中毒対策(対策1または対策2を実施してください)

対策1 中心部まで十分に殺菌

 中心部の温度を120℃で4分間加熱する方法、またはこれと同等以上の効力を有する方法で殺菌する。

対策2 冷蔵での流通

 生産から消費まで冷蔵(10℃以下)で管理、保存し、菌の増殖・毒素の産生を防止する。

 ・要冷蔵食品であることが消費者に分かるよう容器包装の表面に、「要冷蔵」である旨をはっきり表示する(大きさはおおむね20ポイント以上で、色や場所等を工夫すること)。

関連情報

ボツリヌス

外部リンク

真空パック詰食品(容器包装詰低酸性食品)のボツリヌス食中毒対策<外部リンク>(厚生労働省ホームページ)

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 食品保健課、食品指導課

電話:(食品保健課)082-241-7434、(食品指導課)082-241-7404/FAX:082-241-2567(共用)