ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 消防・救急 > 消防 > 消防 > 火災予防 > 防火管理 > 防火管理に係る特例認定について

本文

ページ番号:0000012209更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

防火管理に係る特例認定について

「防火管理に係る自衛消防訓練の実施と実施前の事前通報について」に戻る

防火管理に係る特例認定についての画像1一定の防火対象物の管理について権原を有する者は、防火対象物点検資格者に防火管理上必要な業務等について点検させ、その結果を消防署長に報告することが義務づけられています。

防火管理に係る特例認定とは、消防署長に申請してその検査を受け、一定期間継続して消防法令を遵守していると認められた場合、点検報告の義務が3年間免除されるものです。

目次

  1. 防火管理上必要な業務等についての点検と報告について
  2. 点検と報告の対象となる防火対象物
  3. 防火管理に係る特例認定について

※印刷される場合、及び参考資料はこのページの下にあるダウンロードファイルをご利用ください。

1 防火管理上必要な業務等についての点検と報告について

防火管理上必要な業務等についての点検と報告についての画像この点検は、総務大臣の登録を受けた登録講習機関が行う防火対象物の点検に関し必要な知識及び技能を習得する講習を修了し、免状の交付を受けた者が行うもので、1年毎にこの点検の実施とこの結果を消防署長に報告する必要があります。

具体的には、次の項目を点検します。(点検の一部を記載しています。)

  • 防火管理者が選任され、この選任届がなされているか?
  • 消火・通報・避難訓練がなされているか?
  • 避難階段に避難の障害になる物がおかれていないか?
  • 防火戸の閉鎖に障害となる物が置かれていないか?

2 点検と報告の対象となる防火対象物

次表に示す防火対象物で、次に記載する区分に応じて、点検報告の義務が生じます。

  1. 収容人員が300人以上のもの
  2. 300人未満の防火対象物であっても、防火管理者を選任すべき防火対象物で、次に該当する用途にふされるものが3階以上の階又は地階に存するもので、階段が1つのもの(屋外に設けられた階段等であれば免除されます。)
  • 劇場、映画館、演芸場又は観覧場
  • 公会堂又は集会場
  • キャバレー、カフェー、ナイトクラブその他これらに類するもの
  • 遊戯場又はダンスホール
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業を営む店舗その他これに類するものとして総務省令で定めるもの
  • カラオケボックスその他遊興のための設備又は物品を個室において客に利用させる役務を提供する業務を営む店舗で総務省令で定めるもの
  • 待合、料理店その他これに類するもの
  • 飲食店
  • 百貨店、マーケットその他物品販売業を営む店舗又は展示場
  • 旅館、ホテル、宿泊所、その他これらに類するもの
  • 病院、診療所又は助産所
  • 老人短期入所施設、、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護老人福祉施設、救護施設、乳児院、知的障害児施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設等
  • 老人デイサービスセンター、軽費老人ホーム、老人福祉センター、老人介護センター、老人介護支援センター、有料老人ホーム、更生施設、助産施設、保育所、児童養護施設、知的障害児通園施設等
  • 幼稚園又は特別支援学校
  • 公衆浴場のうち、蒸気浴場、熱気浴場その他これらに類するもの
  • 複合用途防火対象物のうち、その一部が上記のいづれかに該当する用途に供されるもの
  • 地下街

3 防火管理に係る特例認定について

防火管理に係る特例認定についての画像2防火管理に係る特例認定は、防火対象物の管理について権原を有する者からの認定申請に基づき、消防署長が検査を行い、認定を行うものです。

認定されると防火管理上必要な業務等について点検と報告の義務が3年間免除されます。

(1)認定要件(要件の一部を記載しています。)

認定要件の画像

  1. 管理を開始してから3年以上経過していること
  2. 過去3年以内に消防法令違反をしたことによる命令を受けていないこと
  3. 過去3年以内に防火対象物点検報告が1年ごとにされていること
  4. 防火管理者の選任及び消防計画の作成の届出がされていること
  5. 消火訓練及び避難訓練を年2回以上実施し、あらかじめ消防機関に通報していること
  6. 消防用設備等点検報告がなされていること

(2)認定の失効

  • 認定を受けてから3年以上経過したときただし、失効前に新たに認定を受けることにより特例認定を継続することができます。
  • 防火対象物の管理について権原を有する者が変わったとき

(3)認定の取り消し

消防法令に違反した場合、消防機関から認定を取り消されます。

ダウンロード

防火管理に係る特例認定について(285KB)(PDF文書)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)