ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000013803更新日:2022年4月14日更新印刷ページ表示

お近くのお店の店頭回収をご利用ください

店頭回収について

市内のスーパーマーケット等では、ごみの減量化・資源化を進めるため、食品トレー、牛乳パックなどを店頭で回収しています。

牛乳パックや、廃食用油(固めるまたは布で染み込ませたもの)は、広島市の収集では可燃ごみになります。

店頭回収を利用していただくと、リサイクルされごみの減量につながります。

店頭回収には、このようなメリットがありますので、ぜひご利用ください。

店頭回収ボックスの写真

店頭回収の実施状況

お住いの区をクリックしていただきますと、その区で店頭回収を実施している店舗及び回収品目がご覧いただけます。

また、(株)セブン‐イレブン・ジャパンでは市内のセブン‐イレブンの一部の店舗でペットボトルの店頭回収をしています。
回収店舗の場所など、詳しくは(株)セブン‐イレブン・ジャパン<外部リンク>のホームページをご覧ください。

 

※店頭回収の品目等は変更になることがあります。

※一覧には「広島市ごみ減量・リサイクル実行委員会」参加事業者、及び「広島市におけるレジ袋の削減に向けた取組に関する協定」締結事業者に回答していただいた店舗を掲載しています。

 

出し方

ここでは一般的な出し方を紹介します。
出し方については、店舗ごとに異なる場合がありますので、詳しい出し方については、各店舗のルールに従ってください。

  • 食品トレー
    きれいに水洗いし、乾かしてから出してください。
    トレーの洗浄
  • 牛乳パック
    きれいに水洗いし、開いて乾かしてから出してください。
    牛乳パックの洗浄
  • ペットボトル
    きれいに水洗いし、ラベルとキャップをはずして出してください。
    ※ ラベルとキャップはリサイクルプラで出してください。
      キャップについては、店頭回収を実施している店舗もありますのでご利用ください。
    ペットボトル分別

 

使用済みのてんぷら油(廃食用油)は店頭回収等で資源に!

廃食用油は捨てればごみですが、回収しリサイクルすることにより、飼料や肥料、燃料などの新たな資源に活用でき、ごみの減量に加え、二酸化炭素(CO₂)の削減にもつながります。

回収場所や回収方法等については使用済みのてんぷら油(廃食用油)の回収をご覧ください。

油をもったあらら

※廃食用油は広島市の収集で出す場合は、布や新聞紙などにしみ込ませて、可燃ごみで出してください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)