ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 入札・契約情報 > 入札契約制度の概要 > 入札契約制度の概要 > 平成24年度(2012年度) 建設工事等に係る入札・契約制度の見直しについて

本文

ページ番号:0000007910更新日:2012年9月12日更新印刷ページ表示

平成24年度(2012年度) 建設工事等に係る入札・契約制度の見直しについて

本市の建設工事及び建設コンサルタント業務の競争入札参加有資格者の方へお知らせします。

現行の入札・契約制度を「適正価格での競争の促進」及び「価格と品質が総合的に優れた内容の契約の実現」の観点から抜本的に見直すことにより、地元事業者の育成と雇用の確保を図り、もって地域経済の活性化に資するため、次のとおり建設工事及び建設コンサルタント業務に係る入札・契約制度を見直します。

見直しの内容

  1. 最低制限価格等の事後公表化
  2. 事後公表に伴う不正行為の防止対策
  3. 最低制限価格及び調査基準価格の水準
  4. 低入札価格調査制度における総額失格基準
  5. 災害本復旧工事に係る災害協力事業者への優先発注(建設工事を対象)

平成24年10月から実施する見直し項目の内容及びその他のお知らせについては、説明資料を掲載していますのでダウンロードしてご覧ください。

入札・契約制度の見直しについての説明会は行いません。

印刷用はこちら(PDFファイル)
印刷用(525KB)

関連情報

平成24年度 建設工事等に係る入札・契約制度の見直しについて

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)