ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > よくある質問と回答(固定資産税・都市計画税) > 償却資産 > 償却資産 > 申告漏れの資産があった場合、過去の年度分について課税されますか。(FAQID-2526・2527)
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > よくある質問と回答(固定資産税・都市計画税) > 償却資産 > 償却資産 > 申告漏れの資産があった場合、過去の年度分について課税されますか。(FAQID-2526・2527)

本文

ページ番号:0000002177更新日:2019年12月19日更新印刷ページ表示

申告漏れの資産があった場合、過去の年度分について課税されますか。(FAQID-2526・2527)

 申告漏れ等が判明した場合は、その資産が課税対象となる年度まで遡及して税額を修正することになります。ただし、地方税法第17条の5第5項の規定により、最長5年を限度とします。