ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > よくある質問と回答(固定資産税・都市計画税) > 償却資産 > 償却資産 > 事業用の家屋を所有していますが、所得税(または法人税)の確定申告では、建築に係る一連の工事全体の取得価額で減価償却しています。償却資産に該当するものを区分していないのですが、償却資産の申告はどうすればいいですか。(FAQID-2526・2527)
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > よくある質問と回答(固定資産税・都市計画税) > 償却資産 > 償却資産 > 事業用の家屋を所有していますが、所得税(または法人税)の確定申告では、建築に係る一連の工事全体の取得価額で減価償却しています。償却資産に該当するものを区分していないのですが、償却資産の申告はどうすればいいですか。(FAQID-2526・2527)

本文

ページ番号:0000002168更新日:2020年12月15日更新印刷ページ表示

事業用の家屋を所有していますが、所得税(または法人税)の確定申告では、建築に係る一連の工事全体の取得価額で減価償却しています。償却資産に該当するものを区分していないのですが、償却資産の申告はどうすればいいですか。(FAQID-2526・2527)

 事業用の家屋の建築に係る一連の工事全体の経費のうち、固定資産税の家屋の課税対象となる建物本体以外の償却資産を分離して申告する必要があります。その場合、工事見積書等の内訳から、対象となる償却資産の取得価額を抜き出して申告してください。

ダウンロード

共同住宅(アパート)など賃貸建物を建築された方へ [PDFファイル/788KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


基本的仕組み
償却資産
問い合わせ先