ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > よくある質問と回答 > マイナンバーが漏えいすると、芋づる式に個人情報が漏れるおそれはありませんか。(FAQID-2246~2249・2289)

本文

ページ番号:0000015447更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

マイナンバーが漏えいすると、芋づる式に個人情報が漏れるおそれはありませんか。(FAQID-2246~2249・2289)

マイナンバー制度では、個人情報がひとつの共通データベースで一元管理されることはありません。

従来どおり、年金の情報は年金事務所、地方税の情報は市区町村といったように分散して管理します。

また、役所の間の情報のやりとりも、マイナンバーを直接使わず、役所ごとに異なるコード(暗号化された符号)で行うため、1か所で漏えいがあっても他の役所との間では遮断されます。

仮に1か所でマイナンバーを含む個人情報が漏えいしたとしても、個人情報を芋づる式に抜き出すことはできない仕組みとなっています。

マイナンバー制度における個人情報の管理(分散管理)

マイナンバー制度における個人情報の管理(分散管理)(89KB)(PDF文書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)