ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 区役所 > 安芸区役所 > 安芸区役所 > まちづくり > まちづくり > 【安芸区】区のあるべき姿(まちづくりのテーマ)及びそれを実現するための施策の方向性

本文

ページ番号:0000006389更新日:2019年4月11日更新印刷ページ表示

【安芸区】区のあるべき姿(まちづくりのテーマ)及びそれを実現するための施策の方向性

 安芸区では、住民の皆さんとの対話等を踏まえ、地域特性を生かした個性豊かで魅力と活力のあるまちづくりを推進するため、次のとおり「区のあるべき姿(まちづくりのテーマ)」とそれを実現するための「施策の方向性」を定めています。

区のあるべき姿(まちづくりのテーマ)

区のあるべき姿(まちづくりのテーマ)を実現するための施策の方向性

1 地域のきずなづくり

 少子・高齢化を背景に核家族化が進行し、地域の連帯意識が希薄化する中で、地域力の基盤となる地域コミュニティの再生を図るため、住民がお互いを支えあい、快適に暮らせるまちづくりを進めます。
 また、隣接する海田町、熊野町及び坂町とは日常生活圏を一にしており、これらの町との一体的な地域力を高めていくため、住民同士の連携・交流を深めていきます。

2 みんなでつくる元気なまち

 そこに住む住民が生き生きと交流し、様々な活動を展開するまちには、人々が集い、活気が生まれます。駅や商店街など多くの人が集まる場所、地場産業、豊かな自然を持つ農山村など、地域の特性を生かしながら、活力と魅力を高め、にぎわいを創出するまちづくりを進めます。

3 自然にふれるやすらぎの空間づくり

 安芸区は、絵下山、蓮華寺山、鉾取山、水谷峡、瀬野川、熊野川など豊かな自然環境に恵まれています。水や緑に親しむことのできる環境づくりや環境への関心を高める活動など、身近で豊かな自然を生かし、楽しむことのできるまちづくりを進めます。

4 ふるさと魅力活用

 安芸区には、かつての西国街道の名残をとどめる出迎えの松、蓮華寺跡など多くの歴史資源や、阿戸おどり、畑賀神楽などの伝統芸能が残っており、これらの貴重な歴史資源の保存・活用や、伝統芸能の継承に積極的に取り組み、ふるさとの歴史や文化を楽しむなど、地域の魅力を高めるまちづくりを進めます。

まちづくりのテーマごとの推進事業

 安芸区では、区のあるべき姿(まちづくりのテーマ)を実現するため、次の事業を実施しています。

区のあるべき姿(まちづくりのテーマ)

事業名

事業内容

1 地域のきずなづくり

花と笑顔が広がるまち・安芸区

 公民館等と連携し、花づくりに取り組むグループの育成・支援を行い、花と緑のおもてなしの心にあふれた安芸区を実現します。

となり町との出会いと交流づくり

 行政区域という垣根をこえて住民同士の交流をもっと活発にするため「となり町との出会いと交流づくり」として、11月の安芸区民まつりに併せて「安芸地区交流まつり」を実施します。
 また、安芸区と隣接3町(海田町、熊野町、坂町)の住民を対象とした、グラウンドゴルフ大会や親善バレーボール大会などの「スポーツ交流イベント」も実施します。

2 みんなでつくる元気なまち

矢野にぎわいづくり

 JR矢野駅に設けている「やの交流プラザ」を活用し、まちづくりの情報発信の場として運営します(詳しくは、「やの交流プラザ」をご覧ください。)。

里山あーと村ふるさと起こし

 手づくりの農林業体験施設を使った地域住民と都市住民との交流事業の企画実施や、特産品の開発などを行います(詳しくは、「里山あーと村」をご覧ください。)。

3 自然にふれるやすらぎの空間づくり

いきいき瀬野川づくり

 瀬野川に親しみ、ふるさとへの愛着や豊かな心を育むことなどを目的に、5月には「あゆの放流」を実施し、10月に「瀬野川健康ウォーキング」を実施します。

絵下山お宝の山づくり

 ボランティアによる下草刈りや枝打ちなど「市民による山林の手入れ」の実施を予定しています。

4 ふるさと魅力活用

ぶらりふるさと魅力再発見

 安芸区の山々を多くの人々に手軽に楽しんでいただくため、ボランティアの方々と協働で、ハイキングコースに案内看板の設置、倒木除去などの整備を行います(詳しくは、こちらのページをご覧ください。)。
 また、瀬野地区において、皆さんと一緒にまちづくりを考えるワークショップを開催します。

区の魅力と活力向上推進事業補助金

 安芸区では、区のあるべき姿(まちづくりのテーマ)に基づいた、住民の皆さんが自ら行われる、主体的で継続的なまちづくり活動を支援する方法の一つとして、補助制度区の魅力と活力向上推進事業補助金」を設けています。

補助制度の概要は次のとおりです。

  • 補助の対象となる団体は、町内会やコミュニティ団体のほか、3人以上で構成されていれば、任意の団体・グループも 対象となります。
  • この補助の対象となる経費に対しての補助金の補助率及び補助限度額は、1事業当たり次のとおりです。

補助年度

補助率

補助限度

初年度

補助対象経費の3分の2以内

100万円

2年度目

補助対象経費の2分の1以内

70万円

3年度目

補助対象経費の3分の1以内

35万円

  • この補助制度は、3年を限度とする補助制度です。4年度目からは補助金を必要としない運営となるよう計画立案の工夫が必要です。
  • 事務所経費、総会等会議開催費など団体の基礎的な運営に要する経費、人件費、飲食費に係る経費は、この補助の対象となりません。
  • 審査の結果採択されない場合もあります。

 なお、今年度(平成31年度)の募集は終了しております。
 審査の結果採択された活動については、こちらのページをご覧ください。

関連情報


生活情報

各種証明書等の取得方法はこちら

区長メッセージ

イベントカレンダー

広報ひろしま

公式Facebook<外部リンク>