ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2022年 > 1月 > 2022年1月12日 危険な空き家の行政代執行による除却について

本文

ページ番号:0000257136更新日:2022年1月12日更新印刷ページ表示

2022年1月12日 危険な空き家の行政代執行による除却について

ヘッダー画像

令和4年(2022年)1月12日(水)
都市整備局指導部建築指導課
課長:横山 太造
電話:504-2286
内線:81-5450

危険な空き家の行政代執行による除却について

 空家等対策の推進に関する特別措置法(以下「空家法」という。)第14条第9項に基づき、次のとおり危険な空き家を行政代執行により除却します。なお、本市において、空家法に基づく行政代執行による空き家の除却は、今回が初めてです。

 

1 対象となる空き家(別紙「位置図、写真」 [PDFファイル/506KB]参照)

 ⑴ 所在地 広島市東区牛田南二丁目12番32号
 ⑵ 構  造 木造2階建て
 ⑶ 床面積 47平方メートル
 ⑷ 用  途 住宅
 ⑸ 築年数 築58年
 ⑹ 所有者 広島市中区在住者
 ⑺ 周囲の状況 前面において約2mの里道に接道

2 空き家の状況

 当該空き家は、老朽化で屋根の一部に穴があき、雨水の浸入等によって柱及び梁の一部が腐朽し、一部の柱が傾斜することにより、建物全体が前面里道側に約5度傾いている。また、外壁についても、北側2階外壁の一部が剝落するとともに、南側外壁もほぼ全面剝落している。

3 対応の状況

 令和3年4月、当該空き家の外壁の一部がはがれ、前面里道に落下した(通行人はいなかったが、対応として本市が里道上空に防護棚を設置した。)。
 5月、空家法に基づく立入調査を行い、6月に特定空家等(著しく保安上危険となるおそれのあるもの)に認定し、空家法に基づく改善指導を行った。
 改善がみられないため、9月に空家法に基づく除却勧告を行い、11月に空家法に基づく除却命令を行った。
 しかしながら、当該空き家の所有者は除却を行わなかった。

4 行政代執行による除却

 当該空き家は、外壁の落下や建物の倒壊のおそれがあり、前面里道の通行人への危険が生じているにもかかわらず、空き家所有者は除却を行わないため、本市において行政代執行により当該空き家を除却することとする。

5 行政代執行による除却の日時

 令和4年1月17日(月) 午前9時着手(除却完了は、令和4年3月中旬の見込み)

6 行政代執行による除却の費用

 約520万円。全額を国税徴収の例により、空き家所有者から徴収する。

フッター画像