ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 環境局 > 環境局 環境政策課 > 令和4年度第2回(8月)ごみ減らそうデー 実施報告

本文

ページ番号:0000295007更新日:2022年8月25日更新印刷ページ表示

令和4年度第2回(8月)ごみ減らそうデー 実施報告

令和4年度第2回ごみ減らそうデー

ごみ減らそうデーロゴ

毎月1日を「ごみ減らそうデー」として、ごみ減量・リサイクル及び食品ロス削減に対する意識の定着を図るため、市民団体・事業者・行政が一体となって店頭キャンペーンを行っています。

令和4年度第2回「ごみ減らそうデー」の店頭キャンペーンを以下のとおり、「イオン宇品店」において行いました。

開催日

 令和4年8月1日(月曜日) 11時から12時

開催場所

 イオン宇品店(広島市南区宇品東六丁目1番15号)

実施内容

 ごみ減量・食品ロス削減啓発のぼり、パネルの掲示

 啓発チラシの配布

 ごみ減量・食品ロス削減に関するアンケート調査(エコグッズの提供)

 買い物袋持参率の調査

 リサイクル工作教室(夏休み特別企画)

 店内アナウンスの実施

当日の店頭キャンペーンの様子

ごみ減らそうデーアンケートの様子 ごみ減らそうデー ブースの様子

店内のお客様に、ごみ減量や食品ロス削減に関するアンケート調査を行いました。
(アンケート回答者:110人)

また、買い物袋の持参率調査を行い、この日の買い物袋持参率は83.7%でした。

さらに、パネルの展示やチラシを配付し、ごみの減量や食品ロス削減の啓発を行いました。

令和4年度第2回(8月)ごみ減らそうデーの実施結果 [PDFファイル/321KB]

 

リサイクル工作教室(夏休み特別企画)を実施しました!

廃棄される予定のダンボールを活用して「ひっくりカエル」(ひっくり返して地面に置くとぱちんと跳ねるおもちゃ)の作成を体験してもらい、ごみの減量を呼びかけました。

19名(持ち帰りを含む)の方が体験しました。

リサイクル工作教室の様子 リサイクル工作教室の様子

イオン宇品店でのごみの減量や食品ロス削減への取組

様々な大きさの商品の販売 様々な大きさの商品の販売

商品の小分け売り(様々なサイズの商品の用意等)を実施し、食べきりを推進しています。

てまえどり運動の様子

商品の「てまえどり」を呼びかけています。

<その他の環境への取組>

商品棚の節電の様子

商品棚の照明の消灯により、節電に取り組んでいます。

関連情報

令和4年度 ごみ減量・食品ロス削減に関するアンケートの結果

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)