ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 都市整備局 > 都市整備局 住宅部 住宅政策課 > 「都心居住ガイド」 第1章 都心居住ガイドの目的

本文

ページ番号:0000006298更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

「都心居住ガイド」 第1章 都心居住ガイドの目的

1 ガイドの目的

(1) 都心部のマンションに関する情報の提供

 住宅をより豊かでゆとりのあるものにするためには、市民一人ひとりが自らの住まいや住まい方に関心を持ち、それを豊かなものにしようとする意識を持つことが大切です。
 そのためには、社会・経済情勢の変化、多様化するライフスタイル(生活様式)や居住ニーズに応じた総合的で適切な住情報が発信される必要があります。そして、市民の皆さんは、これらの情報を適切に活用していくことが重要となります。
 このガイドは、住宅に関する制度や情報をまとめ、市民の皆さんや事業者の方と行政が、マンションの住まい方や住宅・住環境のあり方についてのイメージを共有するために役立てていただくものです。

(2) 豊かで魅力ある都心居住の実現のための役割分担

 豊かで魅力ある都心居住の実現のためには、市民の皆さんや事業者の方と行政で適切に役割を分担し、連携しながらまちづくりを進めていくことが重要です。
 市民の皆さんは、住宅が社会的性格を有することを理解し、適切な情報の選択や自らの住生活の安定と向上に努める必要があります。
 事業者の方は、提供する住宅が将来にわたり居住環境や市民の豊かな住生活に影響を与えることを認識し、良質な住宅の供給や住環境の形成、必要な情報の提供に努める必要があります。
 また、行政は地域の特性や住宅事情の実態等を踏まえた施策を展開していく必要があります。

高層マンションの画像1高層マンションの画像2

2 都心居住の区域

 都心居住の区域は、「ひろしま都心ビジョン」(平成17年(2005年)2月策定)に定める都心部と「広島市都心住居地域地区計画」(平成17年(2005年)5月都市計画変更)の区域を含む、概ね下図に示す区域を想定しています。


都心居住ガイドの概ねの対象区域図
*区域図を拡大したい場合は、こちらをクリックしてください。<拡大図>

 なお、概ね上記の区域を想定していますが、この区域以外の地区においても、このガイドの観点や取組を参考にしてください。

関連情報

ダウンロード

都心居住ガイド(第1章のみ)(416KB)(PDF文書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)