ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000006529更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

市民主体の地区計画策定事例

南原都市計画推進委員会(安佐北区)

 可部バイパスの開通を契機とし、地域の住環境が大きく変わることが心配されたため、平成14年(2002年)6月に、自治会を母体にした都市計画について勉強し検討する新たな組織「南原都市計画推進委員会」が発足しました。
 委員会では、住民自らが南原を知り、思いや意見を出し合うことが大事であると考え、まちづくりアンケート調査を行い、まちづくり構想も作りました。
 広報紙「南原まちづくりだより」を発行して、逐一委員会での検討状況を住民に知らせるなど、十分な情報提供を行いつつ、地区計画づくりに取り組みました。全戸への説明会で賛同を得、平成16年(2004年)7月、市へ地区計画の要望書を提出しました。その後、平成17年(2005年)4月、都市計画決定されました。
 さらに、地区内を南北に流れる南原川を生かした「ゲンジボタルの里づくり」など、自然を生かしたまちづくりの推進に努めています。

豊かな自然環境と歴史、文化の息づく南原地区

豊かな自然環境と歴史、文化の息づく南原地区の画像

南原まちづくりだより第1号~第5号

南原まちづくりだより第1号~第5号の画像1

南原まちづくりだより第1号~第5号の画像2

南原まちづくりだより第1号~第5号の画像3

高須二丁目西地区の良い環境を守る会(西区)

平成11年(1999年)7月に、地区内のマンション建設計画を契機に、良好な住環境を守るため同会が発足しました。
 「建築協定」、「地区計画」等の制度について勉強を重ね、地区住民等にアンケートを実施。この結果を検討し、地区計画を策定することとなり、地権者等と合意形成に努め、署名を行い、数度の説明会も開催しました。
 また、署名されない人とも協議を重ね、平成15年(2003年)4月、広島市へ地区計画策定の要望書を提出しました。その後、平成16年(2004年)4月、都市計画決定されました。
 さらに、住みやすい地区とするため、地区計画の第二段階として、「垣、さく」の制限を図るなど成長型の地区計画に発展させようとしています。

高須二丁目西地区のまち並み

低層住宅が建ち並ぶ
低層住宅が建ち並ぶの画像

閑静な佇まい
閑静な佇まいの画像

勉強会の開催状況

勉強会の開催状況の画像1

勉強会の開催状況の画像2

勉強会の開催状況の画像3