ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 経済観光局 > 経済観光局 農林水産部 農政課 > 広島市耕作放棄地再生・利用事業

本文

ページ番号:0000004919更新日:2020年2月10日更新印刷ページ表示

広島市耕作放棄地再生・利用事業

農地は、食料の安定供給の基盤であり、また公益性が高く、水源涵養、洪水の防止、土壌の侵食や崩壊の防止などの多面的機能を持つ限りある資源です。

これまで農地は、個々の農家や集落の助け合いによって守られてきましたが、近年、農家の高齢化や後継者不足等で耕作放棄地は広がり、広島市においても年々深刻化しています。

広島市は、新規就農者の育成事業や国の日本型直接支払制度により、耕作放棄の未然防止に努めていますが、耕作放棄地となっている農地については、その発生要因や荒廃状況、立地、担い手の有無などの条件が地域によって様々であり、また耕作放棄地解消活動の大部分は地域住民の自助や共助に頼らざるを得ない状況であることから、行政主導の一律の施策では解決できなくなりつつあります。

このため、広島市では平成30年度から、地域主体で取り組む耕作放棄地・再生利用活動に対し、補助をしています。

補助金交付要綱の概要

1.趣旨

 本事業は、地域団体等に対し、耕作放棄地及び耕作放棄地となる恐れのある農地を再生・利用する活動の支援を行うことにより、農地の有効活用を図り、営農環境や景観を保全し、活力と魅力にあふれた農村空間の形成に資することを目的とする。

2.補助対象事業

 補助対象事業は、再生・利用活動のうち、再生活動を含む年度内の事業とする。

3.補助金交付要件

 補助対象事業は、次の要件をすべて満たすものとする。

  1. 地域団体等が主体となって、実施するものであること。
  2. 市内で実施するものであること。
  3. 対象農地は、概ね10アール以上であること。
  4. 5年以上、再生・利用活動を継続すること。(補助対象は1年度のみ)
  5. 事業実施により、他の地域への波及効果が期待できること。

4.補助対象団体

 補助対象団体は、地域の農業者を含む3人以上で構成される地域団体等とする。

5.補助対象事業の内容、補助対象経費及び補助限度額

補助対象事業の内容

補助対象経費 補助限度額
  1. 再生活動
    草刈り、整地、土壌改良など
  2. 利用活動
    景観作物の植栽、交流活動など

 機械借り上げ料、燃料費、種苗費、栽培用資材費など、左記事業に要する経費(補助率10/10)

 ただし、飲食費及び団体構成員の人件費を除く

1団体あたり20万円