ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 企画調整部 政策企画課 > 原爆被爆者(令和元年版広島市勢要覧)

本文

ページ番号:0000142346更新日:2021年3月31日更新印刷ページ表示

原爆被爆者(令和元年版広島市勢要覧)

原爆死没者の慰霊

広島平和都市記念碑の画像 平和記念公園内にある広島平和都市記念碑(原爆死没者慰霊碑)には、広島市原爆死没者名簿が納められています。

 この名簿は毎年8月6日に挙行される原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式において追加奉納されており、令和元年(2019年)8月6日現在で、名簿に登載された原爆死没者は31万9,186人に及んでいます。

広島市原爆死没者名簿奉納数

(単位:人)

奉納年月日 性別不詳
平成30年(2018年)8月6日現在奉納数 167,961 146,098 59 314,118
令和元年(2019年)8月6日追加奉納数 2,213 2,855 0 5,068
170,174 148,953 59 319,186

 資料:原爆被害対策部調査課

被爆者健康手帳

 被爆者健康手帳は、その人が原子爆弾による被爆者であることを示す一種の証明書であり、平成6年(1994年)に制定された「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」に基づき交付されています。手帳の所持者数は被爆者の高齢化とともに減少傾向にあります。

被爆者健康手帳交付状況

(単位:人)

年次 総数(※) 増加分 減少分
総数 新規 受診者証
からの切替
転入等 総数 死亡 転出等
平成29年度(2017年度) 50,384 162 24 12 126 3,118 2,975 143
平成30年度(2018年度) 47,632 175 23 9 143 2,927 2,728 199

資料:原爆被害対策部援護課
注:※は年度末現在の手帳交付数

認定被爆者

 認定被爆者とは、被爆者が原子爆弾の傷害作用に起因する病気やけががあり、現在治療を要する状態にあることについての厚生労働大臣の認定を受けた方をいいます。

 認定被爆者は、その認定を受けた病気やけがが継続している間、医療特別手当が支給されるとともに、認定を受けた病気やけがについて、厚生労働大臣指定の医療機関等で全額国費をもって医療を受けることができます。

広島市内において認定を受けている認定被爆者数(各年度末現在)

(単位:人)

年度 平成25年度
(2013年度)
平成26年度
(2014年度)
平成27年度
(2015年度)
平成28年度
(2016年度)
平成29年度
(2017年度)
平成30年度
(2018年度)
人数 3,810 4,034 4,058 4,107 4,061 3,950

資料:原爆被害対策部援護課
注:認定を受けた疾病が現在治癒している者も含む。