ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 企画調整部 政策企画課 > 市長あいさつ(平成27年版広島市勢要覧)

本文

ページ番号:0000012622更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

市長あいさつ(平成27年版広島市勢要覧)

広島市長写真

広島市長
松井 一實

 昨年は、本市にとって、被爆70周年という節目の年でした。国連軍縮会議の開催など多くの記念事業に取り組むことで、決意を新たに平和への思いを発信するとともに、「比治山公園『平和の丘』構想」の策定など、被爆100周年を見据えたまちづくり先導事業にも取り組み、まちづくりの新たな一歩を踏み出しました。

 今年は、4月にG7外相会合が開催される予定で、核保有国を含む主要国の外相が、戦後70年の歴史の中で初めて「平和と希望の象徴」である広島に集い、対話することになります。各国外相に核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けた決意を固めていただく貴重な機会と成り得るものであり、その意義は極めて大きいと考えています。

 併せて今年は、「地方創生」の取組を加速させていく年です。「200万人広島都市圏構想」の実現を目指して、「世界に誇れる『まち』広島」創生総合戦略に基づき、「若い世代の人口確保」と「出生率の向上」に向けた経済政策の推進や、結婚・妊娠・出産・子育ての切れ目のない支援などに取り組みたいと考えています。

 さらには、広島広域都市圏内の24市町が強固な信頼関係の下、「ローカル経済圏」の構築を目指すなど、一体となって、圏域全体の活性化に取り組んでいきたいと考えています。

 こうしたまちづくりを着実に進めるためには、まずは本市の状況を客観的に把握することが重要です。その一助とするため、この度、本市の歴史や現状を一冊に分かりやすくまとめました。

 この冊子を手にされた市内外の多くの方々に、本市への理解を深めていただくとともに、素晴らしいまち「ひろしま」の魅力を再認識していただければ幸いです。

平成28年(2016年)3月