ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 市政運営・行政改革 > 選挙 > 選挙 > 選挙Q&A > 選挙Q&A > 選挙ってどんな種類のものがあるの?

本文

ページ番号:0000014817更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

選挙ってどんな種類のものがあるの?

日本国民であれば、18歳になると、誰もが持つ平等の権利として「選挙権」を得ることができます。

ここでは、どのような選挙があるのか御紹介します。

  • 国政選挙
    1. 衆議院議員選挙
      • 定数 :小選挙区289人
        比例代表176人
      • 任期 :4年
      • 選挙権 :満18歳以上
      • 被選挙権 :満25歳以上
    2. 参議院議員選挙
      • 定数 :選挙区148人
        比例代表100人
      • 任期 :6年
      • 選挙権 :満18歳以上
      • 被選挙権 :満30歳以上
  • 地方選挙
    1. 県知事選挙
      • 定数 :1人
      • 任期 :4年
      • 選挙権 :満18歳以上で引き続き3ヶ月以上県内に住所を有する人
      • 被選挙権 :満30歳以上
    2. 県議会議員選挙
      • 定数 :広島県64人(広島市26人)
      • 任期 :4年
      • 選挙権 :満18歳以上で引き続き3ヶ月以上県内に住所を有する人
      • 被選挙権 :満25歳以上で引き続き3ヶ月以上県内に住所を有する人
    3. 市長選挙
      • 定数 :1人
      • 任期 :4年
      • 選挙権 :満18歳以上で引き続き3ヶ月以上市内に住所を有する人
      • 被選挙権 :満25歳以上
    4. 市議会議員選挙
      • 定数 :広島市54人
      • 任期 :4年
      • 選挙権 :満18歳以上で引き続き3ヶ月以上市内に住所を有する人
      • 被選挙権 :満25歳以上で引き続き3ヶ月以上市内に住所を有する人

関連情報

選挙権年齢の引下げについて(お知らせ)

選挙権年齢の引下げについて(総務省)<外部リンク>


選挙管理委員会とは
今後執行予定の選挙
選挙Q&A
選挙制度
明るい選挙