ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・防犯・安全 > 防災情報サイト > 防災情報サイト > 危機管理・防災に関する計画・会議 > その他 > 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

本文

ページ番号:0000017770更新日:2022年12月7日更新印刷ページ表示

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

1 弾道ミサイル落下時の行動について


弾道ミサイル落下時の行動について(内閣官房国民保護ポータルサイトに掲載されているチラシ)<外部リンク>

縦書き版リーフレット<外部リンク>

 

2 弾道ミサイル落下時の避難施設について

広島市では、ミサイルの爆風等からの被害を軽減するための一時的な避難施設として頑丈な建物や地下施設(地下道、地下広場など)を指定しています。

広島市国民保護計画における避難施設一覧(頑丈な建物、地下施設) [PDFファイル/172KB]

凡例赤:頑丈な建物

凡例青:地下施設(地下道、地下広場など)

3 全国瞬時警報システム(Jアラート)についての資料

4 関連リンク

5 関連情報

6 このページに関するお問い合わせ先

危機管理室危機管理課
電話:082-504-2653/メールアドレス:kikikanri@city.hiroshima.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)