ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 入札・契約情報 > 入札契約制度の概要 > 入札契約制度の概要 > (工事)低入札価格調査における本人確認について

本文

ページ番号:0000007843更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

(工事)低入札価格調査における本人確認について

 平成18年11月1日以降、建設工事における低入札価格調査の事情聴取時には、出席者が調査対象業者に間違いないかどうか公的機関が発行した健康保険被保険者証、自動車運転免許証、監理技術者資格者証などで氏名、所属会社名及び顔写真による本人確認を行います。そのため、事情聴取時には、本人確認ができる健康保険被保険者証や自動車運転免許証等を携行してください。
 公的機関が発行した健康保険被保険者証等で本人確認ができない場合は、事情聴取への出席を認めません。

目的

 低入札価格調査対象工事で、技術力や施工能力を全く有しないいわゆるペーパーカンパニーと契約することを防ぎ、公共工事の契約から不良・不適格業者を排除することを目的としています。

このページに関するお問い合わせ先

財政局 契約部 工事契約課
電話:082-504-2280/Fax:082-504-2612
メールアドレス:keiyaku-koji@city.hiroshima.lg.jp