ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > NPO法人の認証・認定 > 事業報告書等の提出(毎年度)

本文

ページ番号:0000008431更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

事業報告書等の提出(毎年度)

 NPO法人は、毎事業年度初めの3か月以内に、前事業年度の事業報告書等(下記の提出書類)各2部(1部は閲覧用)を、広島市へ提出しなければなりません。

(ご注意)

  • 事業報告書等の書類の提出を怠ると、20万円以下の過料が科されます。(法第80条第5項)
  • また、3年以上事業報告書等の提出を行わない法人は、設立の認証が取り消されることがあります。(法第43条第1項)

事業報告書等の提出がない法人に対する対応の流れ(例)

事業年度が3月末で終了する法人では

時期

市の対応

期限の1月前

6月1日

全法人に、文書により提出時期到来の『お知らせハガキ』を送付します。

提出期限

6月30日

期限の2月後

8月末

提出がない場合、法人の代表者あてに『督促書』を簡易書留で送付します。

期限の3月後

9月末

提出がない場合、役員の自宅へ『督促書』を簡易書留で送付します。
(過料事件通知の予告)

期限の4月経過後

10月末

提出がない場合、市ホームページに法人名及び代表者名を掲載します。

期限の6月経過後

12月~1月初旬

提出がない場合、地方裁判所へ過料事件として通知します。

2年目、3年目も未提出で、3事業年度にわたって提出がない場合、設立認証取消の対象となります。

1 届出手続きの流れ

 NPO法人の事業年度末日の到来

 ↓

 前年度決算書類(事業報告書等)の作成

 ↓

 監事による監査

 ↓

 総会での決議

 ↓

 広島市への事業報告書等の提出(毎事業年度初めの3月以内に提出)

 ↓

 広島市市民局市民活動推進課で公開、事務所への備え置き・公開(いずれも5年間※)

2 提出書類

 下表の1から7までの書類を提出する必要があります。

  • 提出書類2から7については、決まった様式はありませんが、参考として記載例を掲載しています。
  • 提出書類の2~7は、閲覧用の書類となります。
提出書類一覧表

番号

提出書類

提出部数

書式例

記載例

1

事業報告書等提出書(様式第8号)

1部

様式(WORD形式)(33KB)(Word文書)

記載例(WORD形式)(36KB)(Word文書)

2

前年度の事業報告書

2部

書式例(WORD形式)(35KB)(Word文書)

記載例(WORD形式)(41KB)(Word文書)

3

前年度の活動計算書

2部

記載例(EXCEL形式)(304KB)(エクセル文書)

4

前年度の財産目録

2部

記載例(EXCEL形式)(190KB)(エクセル文書)

5

前年度の貸借対照表

2部

記載例(EXCEL形式)(177KB)(エクセル文書)

6

前事業年度の年間役員名簿
(前年度において役員であったことがある者全員の氏名及び住所又は居所並びに前年度における報酬の有無を記載した名簿)

2部

書式例(WORD形式)(32KB)(Word文書)

記載例(WORD形式)(36KB)(Word文書)

7

社員のうち10人以上の者の名簿

2部

書式例(WORD形式)(32KB)(Word文書)

記載例(WORD形式)(39KB)(Word文書)

活動計算書については、「収支計算書から活動計算書への移行について」のページをご参照ください。

上記書類は、「広島市電子申請サービス」により、提出することができます。電子申請・届出手続きのホームページをご覧ください。

3 事業報告書等の閲覧・謄写と市ホームページでの公開

 事業報告書等(過去5年度分※)は、広島市市民局市民活動推進課の窓口で閲覧・謄写することが可能です。(謄写は1枚につき10円)
 また、上記の表中の1から5の書類については、広島市のホームページで公開します。

※ 平成28年のNPO法改正により、平成29年4月1日以後に開始する事業年度に関する書類について、事務所への備え置き・公開及び所轄庁における公開が、3年間から5年間に延長されたものです。それ以前の書類の備え置き・公開の期間は3年間です。